7月15日の行列のできる法律相談所にシンガーソングライターもmiwaさんが出演されますね。

7月11日に発売されたベストアルバムの宣伝のためでしょうか。ファンにとっては嬉しいことが続きますね!

今回発売されたベストアルバムはデビューシングル「don’t cry anymore」から、全てのシングルを含めたアルバムです。

しかし、一部のファンの間では、昔の歌い方の方が好きだった、などの声があがっているようです。

 

昔と今でどんな感じで歌い方が変わってしまったのか、その理由も一緒に紹介したいと思います!

スポンサーリンク

歌手miwaさんは昔と今で歌い方が変化した?

miwaさんがメジャーデビューしたのは、2010年です。

デビューシングル「don’t cry anymore」は、ドラマ『泣かないと決めた日』の主題歌として起用されました。

 

ちなみに、miwaさんが慶應義塾大学の商学部1年生の3月の時の話です。

デビュー前から自主制作のCDを出していたほど、音楽活動に打ち込んでいたそうです。

 

きっかけは、下北沢のライブ会場で新人枠として出させてもらったことでした。

その時に、ソニーの人の目に留まってスカウトされたそうです。

 

その当時は、まだ素朴な田舎娘という印象もありましたが、アコギ一本のフォークテイストで一生懸命に歌う姿は格好良かったですね。

 

確かに、聴いてみると声に芯があるというか、まっすぐに届くような印象を受けますね!

お腹の底から声を出している感じがします!

 

その後、2012年頃まではデビュー当時と変わらないシンプルで力強い歌声でした。

 

しかし、2013年頃から今の「フワ」っとした裏声のような歌声になった、と一部のファンの間では言われています。

 

同じデビューシングル「don’t cry anymore」ですが、この時は2017年の武道館LIVEの時のものです。

確かに以前と違って、リラックスしていて、ゆったりとした感じで歌っているように感じますね。

 

個人的には、楽しそうにリラックスして歌っていて、miwaさんのかわいらしさが引き立つように感じますが。

やっぱり、何かを変えれば、以前の方が良かった、なんて声もあがってしまいますよね。

 

ちなみに、最新の24thsシングル『アップデート』の動画です。

楽しそうに歌っている姿、表情が印象的ですね。

個人的には、miwaさんがある程度メジャーになってから知った方なので、こっちの方がしっくりくる感じがします。

 

ただ、こんな感じでmiwaさんの歌い方が変わったことに対し、「miwaは可愛さをアピールしようとした歌い方になってる。」「アイドル路線に変更したのか」「男受けを狙った歌い方」などと一部のファンから言われてしまっているようです。

 

アイドルみたいじゃん。最近の活動を見ていると、歌唱力より顔で売っているような気がする、なんて声もあります。

 

まあ、それだけ多くの人から人気があるからこそ、ってことでしょう。

何かをすればアンチの人が出てきてしまうのは、仕方がないのかもしれませんね。

歌い方って表現だし、感じ方が人によって違う以上、好き嫌いがあって当然ですしね。

 

ただ、やはり気になるのは、歌い方を変えた理由ですよね!

miwaさんが歌い方を変えた理由は?

歌い方を変えた理由をmiwaさんが語った、という話はみつからなかったので、あくまで推測になります。

 

おそらくは、事務所の方針というか、指示なのではないでしょうか。

歌い方が変わったと言われている2013年頃となると、miwaさんの人気は確固としたものになり始めました。

自然とドラマやCMなどのタイアップの依頼も増えてきます。

 

それは歌手としてのある種の成功とも言えますし、喜ばしいことですが。

やはり、クライアントの要望をかなえることが第一になってきますよね。

 

当然、その依頼に沿うようように、いろいろ変えていかないといけなくなってきます。

というより、クライアントの要望を叶えつつ、miwaさんらしさを表現していかないといけない。

 

大人の事情、というか、アーティストも社会人ですから、仕方がないのかもしれませんね。

実際、以前放送された情熱大陸のときも、歌詞のダメだしがあってmiwaさんが考え直す場面がありました。

 

ちなみに、先程紹介した最新の24thsシングル『アップデート』ですが、僕のヒーローアカデミアというアニメのエンディングテーマに起用されています。

個人的には、ミュージックビデオよりも、このアニメのエンディングテーマに合っているような印象を受けました。

アップデートは、僕のヒーローアカデミアの世界観を意識しながら作られたのでしょうか。

 

やっぱり歌詞についても、個人的には前の曲の方が好きだった、なんて声はあがっていますね。

dear days、Wake up,Break out!、つよくなりたいなど、心にしみるというか、歌詞がすごく素敵でmiwaさんらしさが詰まっていたと思います。
最近の曲は元気でいいのですが、歌詞がありきたりというか…
し、miwaさんが、歌いたい、伝えたいという歌詞を大切にしてほしいです。

一方で、歌い方や歌詞の変化、女優としての活動についても、miwaさんが結果的に選んだことなのだから応援したい、という声もありました。

今後の活動の中でも、変化したことにより生まれる新しい魅力に注目していきたいですね!

 

ちなみに、2018年7月にリリースされる、miwaさんの最新ベストアルバムです!

 

先ほど紹介した、デビューシングル「don’t cry anymore」など、全てのシングル28曲に、新曲(ドラマ挿入歌「Unchained  Love」「アコースティックストーリー」)と初期の名曲「めぐろ川」の全31曲を収録したCD2枚です!

 

また、miwaさんについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです!

 

スポンサーリンク

まとめ

miwaさんの歌い方の変化について、まとめてみました。以前の方が良かった、と思うのは、その人次第ですね。

ただ思うのは、世の中で何かをして全ての人から称賛されるようなことはないんだな、と感じます。

 

だからこそ、いろいろ考えて自分自身を変化させていける人ってすごいな、と感じます。

特に、miwaさんのように多くの人から注目される人物が何かを変える、ということは、すごく勇気がいることなのかもしれません。

 

今後のmiwaさんの活躍に期待したいと思います。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!