釈量子さんのポスター、町中で見かけますよね。

幸福実現党の党首として、がんばっているのがうかがえます。

 

まあ、フツーにかなりの美人ですよね。そんな釈量子さんの若い頃はどんな美人だったのでしょうか。

釈量子さんの生い立ちや経歴、本名や年齢などをwiki風プロフィールということでまとめてみました。

釈量子さんの魅力が少しでも伝わったら嬉しいです。

スポンサーリンク

釈量子の生い立ち、経歴や本名、年齢などwiki風プロフィール!

釈量子さんは、1969年11月10日生まれ。さそり座のA型で東京の小平市で誕生しました。

ということは、50歳前後が釈量子さんの年齢になりますね。

ちなみに、釈量子さんの本名は、『松根広子』です。

釈量子という名前は、幸福の科学という宗教の創始者、大川隆法さんが付けた名前ですよ。

 

そんな釈量子さんの、幼い頃の夢は『婦人警官』

子どもの頃から正義感が強かったと自信も振り返っています。結果的に婦人警官にはならなかった釈量子さんですが。

悪い人をやっつけたいという子どもの頃からの夢を胸に、政治家として今も頑張っているんですね。

左側の女の子が若い頃の釈量子さんです。

子どもの頃から、美人になりそうな感じがあったようですね。

ちなみに、この小学校の頃の釈量子さんはピアノに熱心に打ち込んでいました。しかし、才能のある友人に出会ったことで、ピアニストにはなろうと思わなかったのだとか。

高校時代の酌量子さんの若い頃がこちら。青春時代は弓道に打ち込んだそうです。

社会人になっても弓道を続けて三段の腕前になりましたが。多忙のため今は弓道はしていないのでした。

まとめると、釈量子さんの経歴はこんな感じになります。

小平市立小平第一中学校卒業
國學院高等学校卒業
國學院大學文学部史学科卒業
大手企業勤務を経て、1994年に宗教法人幸福の科学に入局
広報局、『ザ・リバティ』編集部、学生局長、青年局長、常務理事などを歴任
幸福実現党青年局長、女性局長を経て、2013年7月から党首に就任

釈量子の若い頃は美人でかわいい!20代の画像とは?

釈量子さんの大川隆法さんとの出会いは19歳のとき。

大川隆法さんの『太陽の法』で衝撃を受けたそうです。そして、3年間勤めた大手製紙会社を辞めて幸福の科学の会員になりました。

この若い頃の釈量子さんは、まさか自分が幸福実現党の党首になるとは思っていなかったでしょうね。

その後、自殺者を減らすなどの活動をしながら、宗教の力だけではなく政治の力ももって社会を良くしていきたいと政治家を志すようになったそうです。

そして、2013年7月に正式に幸福実現党の党首に釈量子さんはなりました。

 

さて、肝心の釈量子さんの若い頃の画像ですが。

釈量子さんの20代の頃の画像はこちらになります。

本当は卒アルや成人式の写真でも発見できれば良かったのですが。苦笑

ネットにある画像の中だと、コレが若い頃の釈量子さんの画像のようです。

 

あとは、若い頃か分かりませんが、若そうに見える釈量子さんの画像を紹介しましょう。

本の表紙ですが、10年くらい前の出版なので。10年くらい若い頃の釈量子さんの画像になります。

あとは、プロフィールなどで昔から使われている釈量子さんの画像がこちら。

ネットに出回っている釈量子さんの画像の中では、かなり若い頃だと思われます。まあ、シワが全然ないですしね。

ということで、若い頃の釈量子さんの紹介でした。

スポンサーリンク

釈量子の若い頃は美人?経歴や本名、年齢などwiki風プロフィール!まとめ

その後、釈量子さんは政治家として被災した現場を視察してボランティア活動に励んだり。

復興のための支援募金をしたりと、精力的に励んでいます。

そんな多忙の中でも、趣味の料理やピアノをしたりしているそうです。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!