わたしは合気道を大学生のときに3年以上やって、初段、つまり黒帯を習得。

 

そして、合気道を少し教える経験なんかもしたので、合気道を紹介したいなと思いました。

もし、習い事として合気道をやってみようかな、なんて考えている人がいたら、参考にしてもらえれば幸いです。

 

ただ、合気道は習うべきです!みたいなことを言うつもりはないので、ぶっちゃけたいと思います!笑

 

気楽に楽しんで読んで下さいね!

スポンサーリンク

そもそも合気道を始めたきっかけは?

高校生の時に『はじめの一歩』のマンガにハマっていたので、主人公の『強いってなんですか?』という質問に興味がありました。

基本的にジャンプのバトルマンガが好きだったので、武術には興味があったんです。

 

子どもっぽいですけど、合気道を始めてみようと思ったきっかけは、そんな感じでした。

 

さらに言えば、ボクシングとか空手とかを選ばなかった理由は、痛いのがイヤだったから。

 

あと、女性が比較的多かったから、っていうのもありました。笑

 

社会人の合気道をしている人たちと交流もあったんですけど、武道の習い事として女性が比較的多い、っていうのは、合気道の特徴かもしれませんね。

 

ちなみに、合気道は極め技とか、それなりに痛い技はありますよ。

 

ただ、ボクシングとか空手よりは、比較的痛い想いをしなくて済みますね。

合気道をやると強くなるの?

合気道は護身術になる、なんて言われていますけど、個人的には、そうでもないかなと思っています。

 

相手が掴みかかってきたりすれば、手首を返して極め技とかできますが。

 

例えば若い男が殴りかかってきたりしたら、まあ、ムリでしょうね。笑

 

他の格闘技とかだと、それなりに痛い経験をしたりしているので、殴られたりしても冷静さを保てるかもしれませんが。

 

合気道の経験者くらいだったら、一般人と大して変わらず、殴られた時点でテンパって追撃されて終わると思いますよ。

 

当然、相手が刃物などの凶器を持っていたら、太刀打ちできません。

 

もっとも、合気道の7段とかの達人になれば分かりませんが、日本に100人くらいしかいないですからね。

 

なので、合気道をやっても強くなる、っていうのはないかな。。。

合気道はやらせっぽいから弱い?

合気道って、やらせっぽいイメージがありますよね。

 

そこは、あえて否定しません。

 

実際に稽古を見ていて、技を受けて飛んでいる人が技術あるなあ、なんて思うことはしばしば。笑

 

ただ、合気道って競技みたいに争うものではなく、相手の呼吸?に合わせてお互い気持ちよく技を仕掛けて受けるのが大事だったりします。

 

なので、やらせっていうよりは、いかに相手にうまく合わせて技を受けるか、っていうのを追求してるんだ、と思ってもらえると有り難いです。

 

弱いかどうかよりも、巧いみたいなのを追求している感じ?

 

実際、技を受けるのが巧いかどうかって、大事だったりするんですよ。

 

なので、技のかけ方だけではなく、技の受け方も習うのが合気道です。

 

型どおりにやる武道なんですね!

 

合気道の動画も紹介しておきますので、イメージの参考にして下さいね!

 

合気道はやらせっぽいから弱いし意味ない習い事?

体を動かす運動としては、合気道はいいと思いますよ。

 

そんなに激しく動くわけではないし、巧さが大事だったりするので、年齢を重ねても楽しめるところは魅力です!

 

あと、うまく技が極まると、本当に力を入れることなく、キレイに相手を倒せたり。

 

何回も練習をしながら、たまたまうまくできた時とかに、何だ今の?どうやった?みたいになるのは楽しいですね!

 

奥が深いので、追求したりするのが好きな人には向いていますね、合気道。

 

まあ、習い事として意味がないとは思っていないのが本音ですね。

 

実際、合気道を離れたわたしは今でも、フツーの人よりも体の軸がブレなくて姿勢がキレイだったりしますし。

 

めっちゃ、手前味噌ですが。。。笑

スポンサーリンク

合気道を習っていた時に一番感動したこと!

合気道は競い合ったりしないのですが、『演舞』とかで、技を披露したりする機会があります。

 

初段をとった頃に、7段の合気道の達人の演舞の受けをする機会に恵まれました。

 

その時に、半身半立ち技、と言って、相手が正座をしていて、わたしは立った状態から手刀で切り込む、という経験をしたのですが。

 

 

達人の先生がわたしの手刀を受けて、す~っと自然に手刀を受け流されました。

 

あまりに自然な力が入っていない感じだったので、わたしは反応できずに手刀がながされ腰浮いた姿勢にもっていかれ。。。

気がついたら、肘の辺りから返されて、電光石火に受け身もろくにとれないまま、頭からキレイに落とされましたね。

 

気絶したりはしませんでしたが、マジで目の前が真っ暗。

 

合気道って極めるとヤベエな、と一生忘れられない経験をしました。

 

やってみないと絶対に分からない経験ができた、というのは有り難かったな、と今でも思います。笑

まとめ

合気道について、初段もってたりするので紹介させてもらいました!

 

道場や流派とかにもよるのかもしれませんが。

 

わたしが習った道場は、厳しいというよりは、和気あいあいと楽しむ感じの雰囲気でした。

 

なので、習おうか考えている方は、稽古を実際に見学したり、道場の先生と話してみるのが一番いいと思います。

 

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!