江口大和弁護士の顔画像はこちら!東京大学出身で、とくダネ!に出演?

事件

犯人隠蔽の容疑で弁護士の江口大和弁護士が逮捕されました。

今回、助手席の男性が亡くなる事故があったわけですが、その運転手の22歳の男性は無免許運転。

 

そして、事故を起こした車の所有者は、免許がないのに運転する可能性があることを知りながら、事故を起こした男性に車を貸しました。

 

その際に、江口大和弁護士は車の所有者に警察の捜査が及ぶのを避けたかったのでしょう。

 

事故を起こした男性に『勝手に車を持ち出した』と嘘の供述をするように、江口大和弁護士は指示を出しました。

 

なお、車を貸した男性、小林太紀容疑者は26歳で会社役員なので、なんとしても発覚を阻止したかった様子。

 

江口大和弁護士の事件の詳細をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

江口大和弁護士の事件概要

無免許運転による死亡交通事故を巡り、虚偽の供述をさせたとして、横浜地検特別刑事部は15日、第二東京弁護士会所属の弁護士江口 大和 やまと容疑者(32)(横浜市神奈川区)を犯人隠避教唆容疑で逮捕した。

 発表によると、事故は2016年5月に発生し、無免許の男(22)(自動車運転死傷行為処罰法違反で実刑判決確定)の乗用車が横浜市泉区で電柱に衝突、助手席の男性(当時18歳)が死亡した。男は別の所有者から借りて運転していたが、江口容疑者は所有者に捜査が及ばないようにするため、「勝手に車を持ち出した」などと虚偽の供述をするよう男を教唆した疑い。

 同地検は15日、江口容疑者と共謀したとして、所有者(26)も犯人隠避教唆容疑で、事故を起こした男を犯人隠避容疑でそれぞれ逮捕した。地検は3人の認否を明らかにしていない。

なぜ、江口大和容疑者が嘘の供述をするように仕向けたのか、一番気になるところですが、その詳細は報道されていません。

 

ちなみに、江口大和弁護士は東京大学を卒業している、エリートでした。

 

お金で動くとは考えづらいので、車を貸した男性と親しい関係だったと考えるのが妥当ではないでしょうか。。。

 

ちなみに、なぜ嘘の供述をさせたのが発覚したのかも報道で明らかにされていません。

 

嘘の供述をした男性が不審に思って警察に伝えたのでしょうか。

 

ただ、おそらくは供述に何らかの矛盾ができた可能性が高いように思われますね。

 

なお、追加の報道で車を貸した男性が判明しています。

車の所有者で同市泉区の会社役員、小林太紀容疑者(26)を同容疑で、事故を起こした男(22)を犯人隠避容疑で逮捕

小林太紀容疑者は26歳で会社の役員であることが分かりました。

 

どんな事件であれ、会社の役員が捕まったりしたら、その会社にダメージは免れないので、なんとか隠蔽したかったようですね。。

 

ただ、小林太紀容疑者の顔画像や勤務先などの情報に関しては、特定に至っていない状況です。

 

 

江口大和弁護士はとくダネ!に出演経歴?

民法に出演した経歴のある弁護士、ということだったので、調べてみると、江口大和弁護士はとくダネ!にコメンテーターとして出演していました。

 

ちなみに、この画像はとくダネ!でASKAさんの保釈金に対してコメントしていた時のものです。

 

大和弁護士、違いで勘違いされた方もいたみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

江口大和弁護士の事件について、紹介してみました。

 

なかなか弁護士がこんな形で捕まる事件ってないですよね。。。

 

だからこそ、続報が気になります。

 

弁護士ともなれば、発覚した時に捕まることは分かっていたでしょうから、なぜこんなリスクを背負ってまで?と思いますよね。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク

【追記】江口大和弁護士の出演番組は以下の通りだそうです。

 

スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ