石川県の内灘町の町議会議員である磯貝幸博さん(43)がセクハラ行為により、辞職することになってしまいました。

どうやらソフトボールの後に、公民館で打ち上げに参加して飲酒。

 

その後に、飲食店にみんなで行った際に、泥酔して19歳の女性従業員の体を何度も触りました。

 

みんなが見ている前で!!

 

一緒に来ていた人たちが磯貝幸博さんのセクハラ行為を注意したところ、大声で騒いだりした模様。

 

さらに、お店の外に全員出された後に、泣きながらガスメーターを破壊して、店の営業をできない状況にしました。

 

詳細をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

磯貝幸博町議会議員がセクハラを叱責され号泣【動画】

 

インタビューに対して、泣き出す始末。

 

泣きながらガスメーターの破壊行為をしたそうですが、もともと涙腺がもろい人なのでしょうか。

 

まあ、43歳で妻子持ちともなれば、セクハラで議員辞職なんて事態に泣きたくなりますよね。。。

 

ちなみに、酒に酔っていたため、全く憶えていないとコメントしています。

磯貝幸博町議会議員がセクハラ事件概要

内灘町の町議会議員が、町内の飲食店で女性従業員の体を触るなどしたとして15日、辞職願を提出し、議会から許可され辞職しました。

辞職したのは内灘町議会の磯貝幸博議員(43)です。
内灘町議会などによりますと磯貝議員は10月7日、内灘町の飲食店を訪れ、酒を飲んで女性従業員の体を何度も触った上、大声で騒ぐなどして店から退出させられたということです。
さらに店を出たあと、店のプロパンガスを壊したため店の営業ができなくなったということです。
この問題を受け、内灘町議会は磯貝議員に事実関係を確認するなどし、15日午前、全員協議会を開き、磯貝議員から経緯などについて説明を受けることになっていました。
磯貝議員は15日朝、議会事務局を訪れ、「大変申し訳ないことをしてご迷惑をおかけした」などと述べ辞職願を提出したということです。
これを受け町議会は、15日午後の本会議で議員辞職を許可したということで、内灘町議会の恩道正博議長は「議会としてもこのような不祥事が起きないよう再発防止策を講じたい」と話していました。
磯貝議員は無所属で3年前の町議会議員選挙で初当選していました。

再発防止につとめる、って事故や事件に対して使われる言葉だと思うのですが。。。

 

どうやら、今回セクハラ問題を起こした磯貝幸博さんは以前から、酒癖が悪かった、という話。

 

酒癖が悪い人は、議員になれません、とかするのでしょうか?

 

【追記】外部講師を招いて、講習を行うそうです。。。

 

ちなみに、被害に遭った店側は警察へ被害届けは出すつもりはないそうです。

 

女性アルバイトの被害者よりも、今後のことが真っ暗な磯貝幸博さんとその家族に同情したように個人的には思いますね。

 

ただ、もちろん磯貝幸博さんが提出した辞職願は、議会の全会一致で無事に受理されました。

スポンサーリンク

まとめ

山口達也メンバーやら吉澤ひとみ容疑者やら、お酒で人生を狂わせてしまう人って、未だに後を絶たないですね。

 

お酒に弱いわたしは幸せなのかもしれない、と思ってしまいます。

 

酔って記憶を無くしたこともないので、理解できない、と感じてしまいます。

 

だからこそ、酔っていたでは済まされないと非難されるのでしょうね。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!