漫画家である国友やすゆきさんが、20日に亡くなっていたことが、友人も漫画家によって発覚しました。

 

享年65歳でした。心よりご冥福をお祈りします。

しかし、65歳といえば今や世間的には若いと言える年齢。

 

去年、引退したばかりで、これから余生を楽しむところだったでしょうに、残念ですね。。。

 

なので当然、死因などが気になりますね!

 

【追記】国友やすゆきさんの死因は、心不全だったそうです!

 

ということで、漫画家・国友やすゆきさんの死因について、また家族や子どもについても調べてみました!

スポンサーリンク

国友やすゆきの家族や子どもは?

国友やすゆきさんといえば、1980年代の半ばくらいから、去年までのおよそ30年間、サラリーマンを主人公とした漫画を世に送り出してきた漫画家です。

 

ちなみに、最後の作品は週間ポストに連載されていた『愛にチェックイン』でした。

 

特に人気のあった作品はバブルが崩壊後の1994~1996年頃に連載されていた『100億の男』

 

突然100億の借金を抱えて会社をクビになった男が、ビジネスの鬼になっていく物語です。

 

それだけ人気の作品を世に出していれば、年収も高いでしょうし、遺産もかなりの額になりそうですが。

 

調べてみましたが、家族についての情報は、一切出回っていないようです。

 

国友やすゆきさんが結婚していたのかすら、よく分かっていません。

 

なので、これからも調べてみて、新しいことが分かり次第、追記したいと思います。

国友やすゆき死因や引退した理由は病気?

昨年末に引退したと言われている国友やすゆきさんですが。

 

どうやら、正式な引退、というわけではなかったようです。

 

『自分の名前で作品を発表するのは辞めてもいいかな』とコメントしていました。

 

なので、原作者といった形で登場するかも、と期待していた方は多かったかもしれません。

 

国友やすゆきさんの次回作が読めなくなってしまうのは、とても残念ですね。

 

このときも引退の理由までは明かされていなかったようで。。。

 

多くの方が、闘病中だったのかな、なんて漠然と思っていたようです。

 

死因については病気に可能性が高そうですが、新しい情報が入り次第、追記したいと思います。

 

ちなみに、世の中の人の反応です。

スポンサーリンク

 

自分の好きな漫画を挙げている人が多いみたいですね。

 

まとめ

国友やすゆきさんの訃報が入り、いろいろと調べてみましたが、実は謎の多い方だったようです。

 

まあ、65歳ともなればSNSなどはやっていなかったりするでしょうし、インタビューなどで積極的に自分のことを話したりする方でなければ、あまり情報は出回らないものなのかもしれませんね。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!