東京六本木で、通行トラブルから相手の運転手をひき殺したとして、南康弘容疑者が逮捕されました。

上の画像が、南康弘容疑者の運転していたタクシーになります。

 

口論になった相手の男性は、はねられた後、病院に搬送されたが、亡くなったそうです。

 

先日、9月8日にも群馬県桐生市のスーパーで、車の駐車場で口論になった相手を車ではねる殺人未遂が起きたばかりですね。

 

その事件では、容疑者が殺意を否認する一方で、防犯カメラから明らかな殺意が確認できた事件でした。

 

今回の事件では、南康弘容疑者は殺意を否認しているようですが、立証できるのか気になりますね。

 

事件の詳細をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

南康弘容疑者の事件概要。顔画像は?

15日、東京 六本木で通行をめぐるトラブルから、相手のハイヤーの運転手をはねて殺害したとして、タクシーの運転手が殺人の疑いで逮捕されました。調べに対し、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは東京 中野区のタクシー運転手、南 康弘 容疑者(69)です。

警視庁によりますと、南容疑者は、15日午後1時ごろ港区六本木の路上で、千葉県市川市のハイヤー運転手、岡田進さん(45)をタクシーではねて殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。

南容疑者のタクシーと岡田さんのハイヤーが、車道の幅が4メートルほどしかない路地で向かい合う形になったため、どちらが譲るかで2人とも車から降りて口論となり、岡田さんがハイヤーに戻ろうとしたところ、はねられたということです。

警視庁によりますと、南容疑者は「車が勝手に動きだしたので慌ててブレーキを踏んだが間に合わなかった」と供述し、容疑を否認しているということです。

南康弘容疑者の顔画像は、公表は現時点ではされていないようです。

 

公表が確認でき次第、追記したいと思います。

南康弘容疑者は口論相手を油断させて後ろから車を急発進させた?

yahoo!コメントを見ていると、ベテランドライバー(南康弘容疑者は69歳)がアクセルとブレーキを踏み間違えるわけないだろう、という意見が大半。

 

警察が殺人容疑で逮捕しているところを見ても、現時点では防犯カメラなどの情報は公表されていませんが、殺意を確認できたのかもしれません。

 

南康弘容疑者のドライブレコーダーとかの可能性もありますね。

 

吉澤ひとみ容疑者の件といい、ドライブレコーダーが防犯カメラみたいな役割を果たしているので、いろいろなところから証拠が発見されそうですね。

 

しかし、相手をひき殺すって、その気になっても、後ろから相手を油断させたりしないと犯行不可能。

 

激しく口論した後、相手が殺意に満ちた目でこちらを見ながら車に乗り込んでいたら、誰もが危ないと警戒するでしょうから。

 

ましてや、今回の事件のように一撃で致命傷を負わせたところをみると、後ろからとみて間違いないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

南康弘容疑者は相手をはねた後に、自ら110番通報をしました。

 

本当に一時的にカッとなってしまったようですね。

 

相手があまりにも激怒したら周りにあるもの全てが凶器になりかねないので、目を離さないで距離をとることが大切。

 

そして、武道の先生から習いましたが、一番の護身術は逃げることです。

 

今回の事件のように、どうせ二度と会うこともない相手なら、失礼だろうが何だろうが、早々に逃げるべきでしょう。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!