阿部哲也容疑者が酒に酔って、見知らぬ男性を馬乗りしてボッコボコに十数回殴ったとして、傷害容疑で逮捕されました。

警察官ともなると剣道や柔道などの段位をもっていて、鍛錬もしているでしょうから。

 

殴られた69歳の男性があまりにかわいそうです。

とりあえず、命の危険まではなかったようですが。。

 

しかも事件の概要を読んでみると、全く無関係の人に対する暴行のようで、まるで通り魔のよう。

あげく、酒に酔っていたため、全く覚えていない、という始末。

 

事件の詳細をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

阿部哲也容疑者の事件概要。顔画像は?

宮城県警は15日、酒に酔って見知らぬ男性を殴ってけがを負わせたとして、同県警大和署の駐在所長で警部補、阿部哲也容疑者(40)=大衡村大衡=を傷害容疑で現行犯逮捕し、発表した。「覚えていないが、申し訳ないことをした」と話しているという。

 県警監察課によると、阿部容疑者は14日午後11時30分ごろ、仙台市宮城野区の住宅の勝手口をたたき、騒ぎに気づいて止めに入った隣家の男性(69)に「おれの土地だ」と言って馬乗りになるなどして十数回殴り、顔にけがを負わせた疑いがある。この住宅の住民と面識はないという。

 14日は当直勤務を終えた非番の日で、午後5時ごろから午後10時30分ごろまで同僚約10人と仙台市青葉区の居酒屋やスナックで飲酒していた。事件現場は徒歩で30分ほど離れた場所で、酔っていたため行った理由も覚えていないという。

 同県の高橋俊章警務部長は「犯罪を取り締まる立場にある警察官としてあるまじき行為で、厳正に対処する」とのコメントを出した。

なお、阿部哲也容疑者の顔画像は、現時点では公表されていないようです。

 

分かり次第、追記したいと思います。

阿部哲也容疑者が酔って馬乗りしボッコボコで通り魔同然の犯行を?

阿部哲也容疑者は、居酒屋やスナックで飲酒をしていました。

 

その後、徒歩30分ほどの全く関係のない民家の玄関口を叩いていました。

 

夜の11時30分ですから、これだけでも大変迷惑。

 

叩き方が尋常ではなかったのかもしれません。

 

それを目撃して気がついた隣人が止めに入ると、襲いかかったそうです。

 

『おれの土地だ』

 

酔っていたから、支離滅裂ですね。

 

もちろん、その住宅の玄関口を叩いた理由はおろか、なぜ、その住宅に行ったのかも分かりません。

 

全く関係のない人に馬乗りになって十数回も殴るとか、通り魔みたいな犯行だと感じました。

スポンサーリンク

まとめ

個人的には、お酒を飲んで暴れて記憶が無いとか、恐ろしいなと思います。

 

それなら、最初からお酒なんて飲むなよ、と言いたいですね。

 

別にお酒を一滴も飲まなくたって、生きていけるのだから。

 

それよりも、被害者のケガはもちろん、心の傷まで考えて心配してしまいます。

 

馬乗りになって殴られたりしたら、男性の拳も見ただけでも過剰に反応していしまうようになるんじゃないですか。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!