宮川紗江選手が速見佑斗コーチへの処分を重すぎる、と訴えました。

宮川紗江選手は速見佑斗コーチと一緒に、金メダルを獲得することが夢だそうです。

 

だからこそ、あることないこと報道されて名誉を傷つけられる速見佑斗コーチのことを想い、勇気ある会見に臨んだのでしょう。

 

その主張がこちら!

うそ偽りなく語ります。(元コーチが)馬乗りになって殴打したという報道については、そんなことは一度もありません。次に、髪の毛をつかんで引きずり回されたことも一度もありません。私はこの処分の重さにはどうしても納得ができません

まあ、日本体操協会から永久追放ですから、これ以上ないほど重い処置と言えるでしょう。

 

それに対して、日本体操協会は速見佑斗コーチの処分の正当性を主張。

 

これは、塚原光男と塚原千恵子の権力の影響なのでしょうか?

スポンサーリンク

宮川紗江選手の万感の想いの主張がこちら!

「手でたたかれたり、髪の毛を引っ張られたりされたことはあります。速見元コーチから暴力を受けたということは事実ではありますし、(速見元)コーチも反省していますし、私もその事実を認めています。速見元コーチの指導には厳しさの中にも人の何倍もの楽しさや優しさがあり、私は共に東京五輪を目指し、その中でも金メダルを目標として頑張ってきました。私は今の状況で日本代表として責任を持って戦っていくことは、精神的にも肉体的にも不可能だと判断し、今年は世界選手権、全日本シニア選手権、日本代表合宿を全て辞退することを決意しました」(体操女子リオ五輪代表 宮川紗江選手)

宮川紗江選手にとって、速見佑斗コーチがどれだけ大切な存在か、伝わりますね。

 

本当に選手生命を賭けた決断だったと思われます。

塚原光男の権力と圧力が体操協会の山本宣史理事の会見に影響か?

それに対する日本体操協会のコメントはこちら!

「例え被害者が暴力を許容したとしても、協会として許容することはありません。暴力を行う指導者を協会登録指導者として認めるわけにはいきませんし、指導者として、試合に出場させることはできません」(日本体操協会)

速見佑斗コーチへの処分の正当性を訴えています。

そして、宮川紗江選手に聞き取りをする必要はない、とコメント。

聞き取り調査は、必要限度で実施しているということで、暴力認定については、宮川選手から聞き取りをする必要はないと思っています。

ということで、すごく一方的な印象を受けるのは、わたしだけでしょうか?

 

宮川紗江選手が協会への不信感を訴えるのも納得できます。

 

日本体操協会 山本宜史専務理事はあくまで、塚原光男副会長の味方を貫く方針です。

 

この会見を見たからでしょうか、塚原光男副会長は、宮川紗江選手の会見を『全部うそ』と一蹴しています。

宮川紗江選手の悲痛な訴えは、世論を味方にしたような印象を受けますが。

 

果たして、強大な権力者たちに、どこまで届くのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

世の中、勇気を出すと心を揺さぶられる人もいますね。

 

高須クリニックの院長が、宮川紗江選手のスポンサーになると、名乗り出てくれたそうです。

 

個人的にも、宮川紗江選手を応援したいと思っています!

 

全てを知っているわけではないけれど、2歳の頃からやっている大好きな体操の選手生命を賭けて。

 

18歳の有望な宮川紗江選手が告発するって、すごいことだと思うからです。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事です!こちらもどうぞ!

 


スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!