塚原千恵子の名前伏せるNHKは日本体操協会の味方?不公平な報道の理由は?

事件

日本体操協会の女子強化本部長、塚原千恵子氏が、宮川紗江選手にパワハラをしたとして、話題になっています。

会見の内容は速見祐斗コーチが暴力をふるい、日本協会が無期限登録抹消などの処分にしたことに対し。

 

実は、暴力は振るわれていなかった。

 

塚原千恵子氏と、夫の日本協会副会長の塚原光男氏に呼ばれて、『速見コーチの暴力を認めないと厳しい状況になる』

 

などと、脅された、というものでした。

スポンサーリンク

塚原千恵子の名前伏せるNHKは日本体操協会の味方?

この衝撃的な事件に対して、気になるツイートを発見しました。

 

わたしはリアルタイムで、NHKの報道を観ることはできませんでしたが、NHKのWEB NEWSを見てみると、確かに違和感を覚えます。

体操の女子選手が自身への暴力を理由に、指導を受けていたコーチが日本体操協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた問題で、女子選手が会見で、コーチの処分の軽減を求めるとともに協会からのパワハラを訴えました。これに対し、体操協会も会見し、「本人から正式に話があれば、話を聞く用意がある」と述べ、要請があれば必要に応じて調査していく考えを示しました。

この問題は東京 北区のナショナルトレーニングセンターで練習をしていたリオデジャネイロオリンピック日本代表の宮川紗江選手が、速見佑斗コーチから暴力をふるわれたとして、日本体操協会がコーチに対して無期限の登録抹消などの処分を出したものです。

この問題について29日、この選手が都内で記者会見を開き、暴力を受けたことを認めたうえで「今回の処分内容は重すぎる」などと述べて、コーチの処分を軽くするよう求めました。

一方で、この選手は処分を出すに当たっての聞き取りの中で、体操協会の副会長と女子の強化本部長に呼ばれて「あなたが伸びないのはコーチのせいだ」などと言われ苦痛を感じ、パワハラを受けたと感じていると述べました。

宮川選手の後、体操協会も都内で記者会見を開き、山本宜史専務理事が「暴力は断じて許されない」とコーチへの処分の妥当性を主張しました。

そして選手が協会からパワハラを受けたと訴えていることについて「本人から書面や面談で正式に話があれば、話を聞く用意があるし、必要があれば調査も行う」と述べ、選手から要請があれば必要に応じて調査していく考えを示しました。

確かに、塚原千恵子氏の名前も、夫の塚原光男氏の名前も意図的に書かなかった印象を受けますね。(黄色の部分)

 

また、宮川紗江選手が苦痛を感じた言葉も最低限でしかも、角が立ちにくいような言葉だけを切り取ったように感じます。(青の部分)

 

ちなみに、他のメディア、例えば日刊スポーツなんかは、

塚原夫妻が「キレ気味に、暴力あったでしょ、と」なんてタイトルで記事を書いています。

 

宮川 強化本部長からは「私は、あなたを心配している…味方だから」と言われ、何度も何度も「暴力あったんだよね?」と誘導尋問のように言われた。私の意見として「今後、速見コーチと東京オリンピックを目指したい」何度も言った。(2人から)大きな声でワーッと言われている状態、負けてはいけないというか自分の強い気持ちを持って「速見コーチとやっていきたい」と言ったので、(2人からは)キレ気味に「(暴力は)あったんでしょ?」と問いかけられた。

塚原千恵子氏の名前も、夫の塚原光男氏の名前も報道しているうえで、宮川紗江選手の会見中の言葉まで紹介されています。

 

ツイートの方の、公平な報道からは程遠かった、という言葉は本当ですね。

 

同じように感じた方も少なくなかったようです。

 

NHKは日本体操協会の味方で不公平な報道の理由は?なぜ塚原千恵子の名前伏せた?

NHKは体操のNHK杯の放送とかで、日本体操協会とズブズブの関係だったから、ということでしょう。

 

しかし、宮川紗江選手が、人生で一番勇気を出して会見に臨んだ、とか。

 

塚原千恵子氏の夫婦に誘導尋問のように暴力を認めるように迫られたときに、ものすごい恐怖を感じた、というのが本当だな、と感じます。

 

わざわざ塚原千恵子氏の夫婦が名前を伏せるように、NHKに頼んだとは考えづらいから、NHKの配慮みたいなものなのでしょう。

 

塚原千恵子氏のと、夫の塚原光男氏の権力や影響力の大きさが、こんなところからも伺えます。

スポンサーリンク

まとめ

宮川紗江選手を応援したいと思っています。

 

本当に、宮川紗江選手の決断は勇気のいるものだったと感じます。

 

どうか、頑張って、心を強くもってください!!

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事です!こちらもどうぞ!

 

スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ