萩原陽介容疑者が女子中学生の胸を触ったことで、強制わいせつの疑いで逮捕されました。

 

勤務中ではなかったようですが、よく萩原陽介容疑者だと特定できましたね。

報道にはありませんでしたが、車尾ナンバーを覚えていたのでしょうか。

 

追記:防犯カメラとから車のナンバーが判明。そして、目撃情報が逮捕のきっかけだったようです。

 

それは置いておいて、警察官のわいせつ事件って多いと思いません?

これは佐賀県警のお偉いさんですが、こんな画像をしょっちゅう見ているような気がします。

 

警察官の犯罪=わいせつ事件、というわけではないだろうけど。

 

なんで、警察官のわいせつ事件が多いのか、気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

萩原陽介容疑者が女子中学生に強制わいせつ!

佐賀県警は29日、路上で女子中学生の胸を触ったとして強制わいせつの疑いで、県警鹿島署地域2課所属で嬉野幹部派出所に勤める巡査萩原陽介容疑者(23)=佐賀県江北町=を逮捕した。県警によると、容疑を否認している。

 逮捕容疑は10日午後4時半ごろ、佐賀県内の路上で、通行中だった中学の女子生徒の胸を触った疑い。生徒の母親が同日、110番した。

 萩原容疑者は当時、勤務中ではなかった。女子生徒と面識はなく、車に乗って道を尋ねるふりをして、自転車で通りがかった女子生徒に声を掛け、窓越しに胸を触ったという。

なお、萩原陽介容疑者の顔画像は公開されていません。

 

23歳という若さを考えると、Facebookが特定されたりしない限りは公開されることはなさそうです。

なぜ警察官のわいせつ事件や不祥事は増えた?

調べてみると、警察官や教師にわいせつ事件が報道されることが多いのは、まず報道されやすい、という理由がありました。

 

まあ、警察官は法律を犯したものを取り締まる立場ですし、教師も生徒たちの模範をならなければならない立場の職業。

 

というわけで、不祥事が報道されやすい職業のようです。

 

どうやら、そこらへんの変なおじさんが同じことをやっても逮捕されても、報道されていない、ということのようですね。

 

まあ、ある程度は話題性もあるし、税金を払っている国民から非難されることは避けられないでしょうからね。

 

ちなみに、警察官や教師なんてのは、それなりに教育水準が高い職業ですが。

 

やはり、わいせつ罪などの犯罪は、どんな職業でも教育水準とか関係なく、一定数の人が逮捕されているようです。

 

ネットで調べていると、教師は模範とならないといけないし、警察官は縦社会の体育会系だったりするから、ストレスが強いのでは?なんて意見もありましたが。

 

民間企業だって、ストレスはあるから、そこは理由にならないでしょう、と思います。

 

あとは、情報の無意識の取捨選択の問題かもしれません。

 

いわゆる、妊婦になったら、町中で妊婦をたくさん見かけるようになった、というやつです。

 

警察官の不祥事が多いな、と思っていると、無意識にその考えを肯定するように、人はその情報を集めてしまいます。

 

脱線しますが、スズキの『今日は何色のハスラーを見た?』なんてCMはうまいですよね。

 

そう言われるとハスラーを意識しますし。

 

質問に答えるように考えてしまうと、ハスラーがいっぱい走ってるような気になり、=みんなが買ってるから安心、となりやすいです。

 

まあ、つまりは無意識の思い込みかもしれません。

 

。。。。オチとしては、つまらなくて、すみません。

スポンサーリンク

まとめ

なんで、こんなわいせつ事件を起こしてしまったのだろう、と考えると。

 

どの事件でもそうですが、そんな事件を起こしたら、どんなことになるのか、よく分かっていなかった、というのがありそうですよね。

 

わたしもとりあえず、ブログで事件系の記事を書くようになってから。

 

自分の顔が拡散されたら恐い、と思って、Facebookで自分が特定されないか、チェックしちゃいましたもんね。

 

わいせつ事件はないにしても、過失の事件などは絶対にないと言い切れないですもん。

 

毎日、しっかりと気を張って生きたいと思う、今日この頃です。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!