Y&M藤掛第一病院で80代の方々が熱中症の疑いで、亡くなる事件がおきました。

新たに、5人目の死亡者も出たという報道もされています。

亡くなった方々たちには、心よりご冥福を申し上げます。

 

Y&M藤掛第一病院は、岐阜県ではあまりに有名な病院です。

 

しかし、26日の岐阜県の最高気温は36.2度。

 

扇風機一台を病室に置くだけ、というのは、あんまりじゃないですか?

 

刑務所でさえ、猛暑が続くので、冷房が壊れたら受刑者を車で移送するとか、対策をとってましたよ?

 

しかし、Y&M藤掛第一病院の藤掛陽生院長は、『(死亡した4人の)病気が重かったから』と患者の死亡と冷房故障の因果関係を否定。

ツイッター上では、あまりに無責任と非難が殺到しています。

 

詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Y&M藤掛第一病院の熱中症対策は刑務所以下?

岐阜市の民間の病院で80代の入院患者4人が死亡し、警察は、エアコンの故障で熱中症になった可能性があるとみて、病室の温度の管理がどうなっていたかなど調べを進めています。

入院患者4人が死亡したのは、岐阜市の中心部にある民間の病院「Y&M藤掛第一病院」です。

警察によりますと、26日から27日にかけて、3階と4階の病室に入院していた83歳から85歳の男性2人と女性2人が相次いで死亡したということです。

病院によりますと、今月20日ごろから3階と4階のエアコンが壊れていて、9台の扇風機で対応していたということです。

保健所は、28日午後、病院の立ち入り検査を行い、故障したエアコンや扇風機の設置場所などを確認しました。

警察は、エアコンの故障で4人が熱中症になった可能性があるとみて、病室の温度の管理がどうなっていたかなど調べを進めています。

 

刑務所では暑さに耐えるのも、刑罰の一つなんて考えもあるようですが。

 

さすがにこの猛暑なので、刑務所でもスポーツドリンクを配る、うちわを配布などの対策をとっていたそうです。

 

転院という手段もあったでしょ?という報道陣の質問に対して『そこらへんはね、、、』と言葉を濁したそうですが。

 

しかし、今回の事件で亡くなった4人は、はみんな80代。

高齢者の方は体温の調節機能が落ちてくるため暑さを自覚しにくく、熱を逃がす体の反応や暑さ対策の行動が遅れがちです。

また、高齢者の方は自分で暑さやのどの渇きに気づきにくいうえ、体調の変化も我慢をしてしまうことがあります。周りの人が体調をこまめに気にかけ、予防対策を促してあげましょう。

なんて、ネット上にかかれていることを、命を預かっている病院の方々が、知りませんでした?とは言わないですよね。。。

Y&M藤掛第一病院の藤掛陽生院長『問題なかった』と否定?

『病院としては何か問題があったとは考えていない』と藤掛陽生院長がコメントする理由は以下になります。

 

3階と4階のエアコンが今月20日に壊れてからは、扇風機を9台出して対応していた。エアコンの修理は故障した日に依頼したが、業者に『1か月かかる』と言われて、今もまだ修理できていない。
取材に対して、なんだか申し訳なかった感じがないよな、と思いましたが。
 
 
病院としては、やることをしっかりやってたもん、と言いたそうですね。。
 
亡くなった4人はエアコンが故障した部屋にいて、気管支ぜんそくなどの合併症で症状が重い人もいたということです。
という事実からも、確かに亡くなった患者は重症の方もいたようですが。
 
 
さすがに、『(死亡した4人の)病気が重かったから』と患者の死亡と冷房故障の因果関係を否定は、ないんじゃないですか?
 
 
患者さんがY&M藤掛第一病院から離れていくのだろうな、と思うと、院長の人で働いている人たちを気の毒に思います。
 
スポンサーリンク
 

まとめ

藤掛陽生院長の取材へのコメントが、事件を大きくしてしまっているような気がしますね。
 
確かに、冷房が壊れてしまった、というのは、不可抗力ですが。
 
 
だからといって、4人も亡くなっているのに、『問題なかった』と言える藤掛陽生院長の神経に驚かされます。
 
 
民間企業の人からすると、病院って宣伝や営業しなくても、患者さんというお客さんが集まってくるから。
 
お客さんという患者さんに有り難みを感じないのだろうな、と感じました。
 
 
おっと、病院と一括りにしてしまうのは、あまりにも失礼ですね!
 
患者さんを大事にする病院や先生はマジで世の中にたくさんいるので、そちらに受診しましょう!
 
 
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!