茨城件水戸市の動物愛護団体の理事長が動物虐待で書類送検されました。

 

この理事長の名前は、矢野智一理事長(本名:矢野衛一)です。

顔画像はこちら!

矢野智一理事長の動物虐待は、LISAという、長野県の動物愛護団体からの告発でした。

※LIA=Life Investigation Agency。

自然環境、野生動物、愛頑動物、
動物虐待に対する調査、告発、
啓発運動を行う団体です。

ネコに袋をかぶせて棒で叩いたり、犬の首を締めたりしたそうです。

なぜ、こんなことができるのか、と動画を観た人たちからは、怒りと悲しみの声があがっています。

 

実際、動画をみると、この人何考えてんの?と目を疑いますね。

いくら痛いと言わないネコや犬でも、苦しんでいるのが見れば分かります。

 

ぐったりとしているネコを、ボールみたいに投げていました。

そのネコは、数日後に亡くなったそうです。

 

なぜ、矢野智一はそんな残虐なことを平然としていたのでしょうか。

 

どんな人物なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

動物愛護団体で虐待した矢野智一理事長の事件概要

猫の頭に袋をかぶせて棒で叩くなど虐待したとして、警察は15日、動物保護活動をしている茨城県水戸市のNPO法人の男性理事長(55)を動物愛護法違反(虐待)の容疑で書類送検していたことがわかった。

あまりにも凄惨な虐待の実態に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

おととし7月頃に水戸市内で運営していた動物保護施設で、引き取った動物に虐待をしていたみられている。

『東京新聞』によれば、猫の頭を棒で殴ったり、床に突き落としたり、犬の首を絞めたりする様子が動画で撮影されて、インターネット上で拡散された。虐待された猫は数日後に死亡したという。

その動画を見た長野県の別の動物愛護団体が、理事長を告発したようだ。

 

理事長は同紙の取材に対して、動画で写っているのは自分だとしつつも、虐待については「虐待目的ではない。周囲からそう見えるなら、虐待なのだろう」と話しているという。

なお、NPO法人は21日に活動を停止しており、残された動物は、県を通して別の団体に引き取られた。

矢野智一理事長は、虐待と思ってないと反論?

どうやら矢野智一理事長は、問題の動画に対しては、自分であると認めているようです。

 

なぜ、こんなひどい虐待をしたのでしょう。

 

それに対し、矢野智一理事長は、以下のようにコメントしています。

 

『虐待目的ではない』

 

???しつけのつもりでしょうか?

 

『周囲からそう見えるなら、虐待なのだろう』

 

つまり、少なくとも、虐待という認識がなかったから、あんな酷いことができたようですね。

 

理解に苦しみますが。。。

矢野智一理事長はどんな人物?

こんな残虐な人物が150万円を目標とするクラウドファンディングを成功させていた、というから驚かされますね。

 

名前が2つある理由は、過去に欠陥住宅を売って、訴えられたことがあるからのようです。

クイーンズホームの代表をしていた時は、矢野衛一(本名)でしたが。

動物愛護団体を設立する時は、矢野智一、と名前を変えていたようですね。

 

しかし、クラウドファンディングで160万円以上(当時)を稼ぎ出しているとは。。。

 

クラウドファンディングの金額は、信用が数値化されたもの、と言われていますが。

 

本当に、動物を愛する人の気持を踏みにじるような酷い人物だな、と思います。

スポンサーリンク

まとめ

正直、同じ人間と思いたくないくらい、嫌悪感を矢野智一には覚えます。

 

矢野衛一に関する情報や、意見、反論などでも、当サイトでは掲載しますので。

 

気軽にコメント欄から、メッセージをお願いします。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!