東北大学助教授である藤井啓道(ふじい ひろみち)容疑者が女性のスカートの中をスマホで盗撮する、という残念な事件が起きました。

藤井啓道容疑者の顔画像はこちら!

どうやら、所属は

大学院工学研究科・工学部
材料システム工学専攻
接合界面制御学講座

ということで、理系の助教授だったようです。

事件を詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

藤井啓道容疑者、東北大学助教授が盗撮?

名古屋市の市営地下鉄金山駅で、女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして、愛知県警中署は21日、仙台市太白区東中田1、国立大助教、藤井啓道容疑者(37)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、20日午後10時15分ごろ、金山駅のエスカレーターで、前にいた女性(21)のスカート内をかばんから取り出したスマートフォン(スマホ)で盗撮しようとした疑い。

 中署によると、藤井容疑者は「(名古屋には)出張で来た。女性の後ろ姿がきれいだったので盗撮してしまった」と容疑を認めているという。同容疑者のスマホにはスカート内を撮影した画像が残っていた。

どうやら、目撃した男性によって取り押さえられて、警察に引き渡したそうです。

なお、藤井啓道容疑者のスマホの中には、他の女性の盗撮画像も保存されていたようです。

現在、警察が余罪についても追及しているようです。

しかし、東北大学助教授ともあろうものが、こんなショーモナイ事件を起こすとは、信じらない、と世間で反響を呼んでいるのでしょうか?

けっこう、アホか!?みたいな、ツイートが目立ちますね。

公務員の人たちの、わいせつ事件とか、最近多かったからでしょうか??

 

なんだか、またか!あきれた!といったツイートが多いので、これが世間の素直な反応なんでしょうね。

藤井啓道容疑者の経歴は?

2016年度 – 2018年度 : 東北大学, 工学研究科, 助教
2016年度 : 東北大学, 大学院工学研究科, 助教
2015年度 : 東北大学, 工学(系)研究科(研究院), 助教
2013年度 – 2014年度 : 東北大学, 大学院工学研究科, 助教
2012年度 – 2013年度 : 東北大学, 工学(系)研究科(研究院), 助教

どうやら、接合界面制御学講座(佐藤研究室)で藤井啓道容疑者は助教授を勤めているようですね。

研究テーマは

  1. 粒界工学に基づく熱加工プロセシングによる高性能材料の開発
  2. 粒界工学による粒界劣化現象抑制のメカニズム解明
  3. 摩擦攪拌接合の接合メカニズム・諸現象の解明
  4. 摩擦攪拌接合ツールの開発
  5. 異種金属材料の超音波接合部における微細組織形成機構の解明

ということで、簡単に研究内容を説明すると、材料をくっつけるプロセスの1つ、接合技術をミクロのレベルで研究していたようです。

 

うん、やっぱり、東北大学助教授というだけあって、頭は良さそうですね!

 

どうやら、藤井啓道容疑者の所属していた研究室は、和気あいあいと楽しく研究をしているようですね。

その和気藹々として和やかな雰囲気の理由は『同じ釜の飯を食う』ということにあったようで、学生たちと一緒に料理をしたり、ご飯を持ち寄ったりしながら、親交を深めていたようですね。

 

だからこそ、東北大学の方々はもちろん、何より一緒に過ごしていた学生たちが、残念でならないだろうな、と思います。

藤井啓道容疑者の家族は?

Facebookのアカウントが特定されていることから、既婚者であることがわかっています。

37歳という年齢なので、子どもがいても、おかしくない年齢ですが。。。

 

追記:どうやら、息子が2人いるとの情報がありました。

 

しかし、大学の助教授となると、研究室に引きこもっている人もいますからね。

ましてや、東北大学の助教授、という肩書きなので、一緒に研究をして過ごしてきた学生たちが、家族のようなものなのかもしれません。

 

新しい情報が入り次第、追記したいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

東北大学助教授である藤井啓道容疑者について、紹介させてもらいました。

 

容疑を認めており、女性がキレイだったので、なんて供述しているあたり、魔が差したようなもので、深い動機などはなさそうですね。

 

しかし、藤井啓道容疑者は、ついついやってしまいました、でキャリアも社会的な信用も全て失うことになってしまいましたね。

残念です。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!