埼玉県草加市新栄の無職、上久保明日香容疑者が逮捕された事件。

上久保明日香容疑者の顔画像が公開されました。

やはり、上久保明日香容疑者が24歳という若さで精神的に幼かった、ということが事件の原因でしょうか。

 

しかし、生後8ヶ月に凍傷を負わせたり、全身に20カ所の骨折を負わせた、というのは恐ろしい事件ですね。

 

事件を詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

上久保明日香容疑者の事件概要

生後8カ月の長女を極寒の中、トイレに放置し凍傷を負わせたとして、埼玉県警草加署は13日、保護責任者遺棄致傷の疑いで、草加市新栄の無職、上久保明日香容疑者(24)を逮捕した。「子育てがうまくいかず、かわいいと思えなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、1月13日午後5時~翌日午後1時ごろ、当時生後8カ月の長女を自宅トイレに放置し、両足に全治約3~6カ月の凍傷を負わせたとしている。長女の着衣は紙オムツだけで、ポリ袋に入れられ、首元で締められていた。現場付近の観測所では、この日の最低気温は氷点下1・2度だった。

 上久保容疑者は夫と離婚後、自宅で長男(2)と3人暮らし。長男に虐待の形跡はなかった。1月15日に3人で上久保容疑者の都内の実家に訪れ、祖母(45)が長女の異変に気づき、119番通報していた。長女は全身約20カ所を骨折しており、同署は日常的な虐待があったとみて詳しく調べている。

 同署によると、長女は生まれつきの発育不良で、平均より半分程度の成長速度だった。2人は児童相談所で保護されている。

なお、虐待を受けた長女は氷点下の中で20時間以上も放置されたことにより、足の指が凍傷になってしまった、と報道されています。

 

長男に虐待の形跡がなかったようですね。

長女に凍傷を負わせたり、骨折の虐待を負わせた理由は、生まれつきの発育不良だったからでしょうか。

 

上久保明日香容疑者の事件のニュースはこちら!

 

 

なぜ上久保明日香容疑者は残酷な虐待を日常的に?

幼少期に虐待をされながら育った子どもは、大人になって子育てをする側になった時に、自分がされたような虐待を繰り返してしまう、と言われています。

しかし、今回の事件の発覚が祖母の通報であったことを考えると、上久保明日香容疑者のケースには当てはまらなそうです。

 

やはり、育児がうまくいかない、思うようにいかないことへの不安が大きかったのでしょう。

長女の発育不良を自分の責任だと思うあまり、その気持ちを受け入れられないことから、自分の子どもという認識そのものを放棄してしまったのではないでしょうか。

 

しかし、いくら自分の子どもでなくても、常識的にこれほど残酷な虐待はできそうにありません。

周りに支えてくれる人、そんなことをしてはダメだと叱ってくれる人がいなかったことを、とても残念に思います。

 

また、虐待を受けた上久保明日香容疑者の長女には、いろいろな意味で強く生きて欲しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

上久保明日香容疑者の事件を紹介させてもらいました。

 

事件が起きると、容疑者の顔画像に注目が集まりますね。

上久保明日香容疑者の事件でも顔画像を見て、正直、そんな残酷な虐待をするようには見えないと思いました。

 

上久保明日香容疑者は、シングルマザーだったのでしょう。

おそらく、父親がいれば虐待を止めていたでしょうし、そうでなければ、一緒に逮捕されているはずです。

 

やはり、上久保明日香容疑者の周りに、支えてくれる人、そんなことをしてはダメだと叱ってくれる人がいなかったことを、とても残念に思います。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!