山車祭り(群馬県渋川)の事故の詳しい原因は?運営側や責任者に問題?

事件

11日の夕方4時頃、群馬県渋川市の有名なお祭り、渋川山車祭りで8人の重軽傷者が出る、事故が起きました。

幸い、死者は出ていませんが、ドクターヘリが出動するなどして、あたりは一時騒然となりました。

渋川の友人に確認したところ、どうやら2年に一度行われる渋川市の大イベントで、地元民からすると、すごく楽しみにしていたイベントだそうです。

 

このお祭りを目当てに他県から渋川を訪れる人も少なくないみたいですね。

近くには、群馬県渋川市で有名な伊香保温泉もあるので、両方を目当てに訪れる方も多いのかもしれません。

 

渋川市の人たちは、このお祭りの前から一生懸命準備をしていました。

実際、お祭りの開催に備えて、渋川市ではずいぶん前から、夜に公民館などで笛などの音が響いていたそうです。

 

12日は予定どおりにお祭りは開催されます。

ツイッターなどでは、危機管理がなっていないだの指摘する人もいましたが、地元民としてはたくさんみんな練習や準備をしてきた一大イベント。

 

それに対し、友人は事故に遭った人たちの安否は心配だけど、お祭りが通常通りに開催されることは良かったと思う、とコメントしていました。

 

では、渋川山車祭りで起きた今回の事件の詳細を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

渋川山車祭りの事件概要

11日夕方、群馬・渋川市で祭りの山車にひかれて、2歳の女の子とその母親の妊婦ら合わせて8人がケガをした。

警察や消防によると、11日午後4時すぎ、渋川市の路上で、2歳の女の子が祭りの山車にひかれそうになり、それを助けようとした女の子の母親や9歳の女の子を含む男女8人がケガをした。

母親は妊娠中で、2歳の娘と一緒に山車をひいていたということで、右腕を骨折、娘は後頭部の打撲などのケガをしたという。

渋川市では、10日から「渋川山車祭り」が開催されていて、人々がひっぱる山車が、上り坂を進むために速度をあげた際、事故が起きたという。

 

ちなみに、渋川山車祭りのイメージが伝わる動画です。

11日のお祭りでは、八幡坂を17台の山車が登っていく、ということで圧巻です。

山車は大きいものは電柱くらいの高さがあるので、すごいですよね。

その山車の上に、工場勤務している普段は大人しいフツーの、友人のお父さんは乗っていた、と聞いて個人的には驚かされました!

渋川山車祭りの事故の詳しい原因は?

群馬件は赤城山を初め、たくさん山がある県です。

渋川市は山へ登り初めのあたりにある市なので、たくさん坂道があります。

 

今回の事件も上り坂にさしかかり、勢いをつけようとした際に起きました。

どうやら、山車を引いていた女児(2)が転倒したのをきっかけに、母親が娘をかばおうとして、周囲の人たちも相次いで倒れたのが事故の原因だったようです。

 

ちなみに、この母親と女子は川崎市からお祭りに参加するために来ていたそうです。

しかも、この母親は妊婦さんでした。

 

幸い、胎児に問題はなかったようですが。。。

肋骨を骨折する重傷だったそうです。

 

ドクターヘリで搬送されたのは、この方かもしれませんね。

大事に至らなかったのは、本当に幸いだったと思います。

山車祭り(群馬県渋川)の運営側や責任者に問題は?

友人によると、こんな事故が起きたのは、知る限り初めて、という話。

個人的には、運営側の危機管理などに問題はなかったような印象です。

 

まあ、お祭りで転んでしまうことに対策をとる、というのも、なかなか難しいですしね。

それに2歳の女児に問題があったとは、個人的には思いません。

 

お祭りはみんなで楽しむことが醍醐味でしょうから。

 

12日の群馬はどうやら曇りのようですが、通常通り行われる、本日のお祭りは地元の人たち、大いに盛り上がって、楽しんでもらいたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

渋川山車祭りの事件の詳細について紹介させてもらいました。

何か事故が起きたりすると、よく知らないのに安易に批判をする人もいますが、それもどうなのかな、と個人的には思います。

 

実際、11日の群馬県はかなり暑かったようです。

そんな中で汗水たらして、お祭りを盛り上げよう、楽しもうとする人たちを観ていると、伝統的なお祭りを大事に想っていることが伝わってきます。

 

ケガした人たちは、早く快復することを切に祈っています。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ