水橋春夫の死因の真相は?お別れ会の詳細は?葬儀・告別式は近親者で?

事件

ジャックスの元ギタリストで、横浜銀蝿やWinkなどのプロデューサーとしても活躍した水橋春夫さんが亡くなられました。

心よりご冥福をお祈りします。

一線を画した独自の精神性や思想性のある音楽活動から、ジャックス解散後に日本のロックの先駆者として、高く評価されていました。

 

ジャックスが活動していたのは1960年代で、当時を知る人たちから、悲しみの声が広がっています。

 

水橋春夫の死因の真相、お別れ会の詳細、葬儀・告別式のことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

水橋春夫さんの訃報のニュース

60年代に活動したロックバンド「ジャックス」の元ギタリストで、横浜銀蝿やWinkなどのプロデューサーとしても活躍した水橋春夫さんが亡くなったことがわかった。

 Wink30周年特設サイトは8日、「Winkデビューから活動休止までの間、プロデューサーでありました水橋春夫様が(現・有限会社エフ・エス・エイ・アンド・アール 代表取締役)8月5日早朝、心不全のため永眠いたしました(享年69)」と伝え、「ここに哀悼の意を表するとともに、故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます」とした。

 Winkのヒット曲「淋しい熱帯魚」や「愛が止まらない」などの作詞を手がけた及川眠子さんも同日、ツイッターで「8月5日早朝、水橋春夫さんが永眠されました」と伝え、「Winkのプロデューサーとして私をヒット作詞家にしてくれ、それ以降もいろんな仕事を一緒に手掛けてきた、いわば私の恩人で恩師です。ご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

ちなみに、及川眠子さんといえば、エヴァンゲリオンの作詞家として有名ですよね。

水橋春夫の死因の真相は?

水橋春夫さんは8月5日の早朝に、心不全で亡くなったと報道されています。

東京都内の病院で亡くなったそうです。

 

心不全とは、心臓のポンプの機能が低下することで、血液の循環がうまく行われなくなってしまうことです。

 

水橋春夫さんの心臓は弱っていたのでしょうか。

 

どうやら、7月末には体調不良を訴えて、ライブのリハーサルをキャンセルしていたそうです。

 

年齢が69歳だったので、心不全の原因はいろいろあったのかもしれませんね。

葬儀・告別式は近親者で?

どうやら、葬儀や告別式はすでに、近親者で済まされたそうです。

お別れ会の詳細は?

お別れ会の喪主は妻である悦子さんだそうです。

近々、予定されていますが、今のところ、詳細は発表されていないようです。

 

おそらくは、東京都内でしょう。

分かり次第、追記します。

スポンサーリンク

まとめ

水橋春夫さん、心よりご冥福をお祈りします。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ