小学3年生の福本陽生くんが腹部に暴行を加えられて、胃が破裂してしまい、致死性不整脈で亡くなってしまう、という痛ましい事件が起きました。

この事件で福本陽生くんの両親である、福本徹也容疑者と裕子容疑者が逮捕されました。

どうやら、2人とも容疑を否認しているようです。

一緒に住んでいた妹と弟には虐待の形跡などはないようですが。

 

なぜ、福本陽生くんは殺されるようなことになってしまったのでしょう。。。

 

同級生たちからは悲しみの声があげられています。

紹介したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

小学3年生の長男を暴行して殺害したとして、大阪府警は2日、堺市北区百舌鳥(もず)陵南(りょうなん)町、父親の会社員福本徹也(35)と、母親で市臨時職員の裕子(34)両容疑者を殺人容疑で逮捕した。2人は容疑を否認しているという。長男は内臓が破裂しており、府警は経緯を調べる。

発表では、2人は2月16~17日、堺市北区の自宅で、長男の陽生(はるき)君(9)の腹部に暴行を加え、殺害した疑い。調べに対し、福本容疑者は「暴行を加えていない」と供述。裕子容疑者も「暴行していないし、夫も見ている範囲では暴力を振るっていない」と話している。

陽生君は2人と妹、弟の5人暮らしだった。2月17日朝、裕子容疑者から「長男の意識がない」などと119番があり、陽生君は病院へ運ばれたが死亡が確認された。

司法解剖の結果、死因は致死性不整脈で、体に目立った外傷はなかったが、胃が破裂していた。2人は府警の調べに対し、暴行を否定。府警は、鑑定を依頼した複数の医師が「転倒などの事故では起こりえない負傷」との意見を示したことなどから、事件に関与したと判断した。

府警にはこれまで、一家に関して虐待に関する通報や情報は寄せられていないという。

福本陽生くんはタブレットをイジって怒られた?

17日の朝、福本陽生くんは冷たくなっているのを、母の裕子容疑者に発見されて、救急搬送された先で、死亡が確認されました。

 

前日の夜に福本徹也容疑者にタブレットをいじっていたことから、怒られていた、という報道がされています。

そこで、おそらくはお腹をかなり強く蹴られて、胃が破裂してしまったことが原因と思われます。

 

なぜ、そこまで福本徹也容疑者が激怒したのかまでは、分かりません。

特に酔っていた、といった報道もされていません。

 

死亡解剖の結果、特に目立った外傷がなかった、という話なので、日常的な暴力、虐待が行われていた可能性は低そうですが。

 

9歳ともなれば、命の危険を感じれば逃げ出しそうに思います。

 

おそらくは、お腹を蹴って悶絶して動けなくなった後に、さらに胃が破裂するほど強く蹴ったのではないかと思われます。

 

自分の子どもに、そんな暴力を振るう親なんて、信じられませんね。

福本陽生くんの亡くなる前日は授業参観日

亡くなる前に、逮捕された母・福本裕子容疑者に感謝の気持ちを冊子につづっていたそうです。

 

その冊子のタイトルは『ありがとうの本』

 

「お母さん、ありがとう」と手書きで書かれた、その冊子は亡くなる前日に渡されたそうです。

 

やりたいことが、いっぱいあったのでしょう。

昼休みには、一輪車の練習に励んでいたそうです。

また、同級生の女児と一緒に滑り台を楽しんだりもしていたそうです。

 

また、同級生の男の子によると、福本陽生くんは絵を描くのが好きで、上手だったそうです。

図工の時間には、両親の絵を楽しそうに描いていたそうです。

きっと両親のことが好きだったのでしょう。

 

いつも笑っていて、優しかった、福本陽生くん。

 

そんな同級生たちの声を聞いていると、本当にショックだったこと、悲しくてたまらない、という気持ちが伝わってきます。

スポンサーリンク

まとめ

福本陽生くんの同級生たちの声を紹介したいと思いました。

 

きっと福本陽生くんは、両親のことが好きだったのでしょうね。

もしかしたら、この事件を一番信じられないのは、亡くなった福本陽生くんだったのかもしれません。

 

同級生たちにも、親に殺されてしまった、という残虐な事件は心の傷として残るでしょう。

こんな痛ましい事件が二度と起こらないように祈っています。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!