八木航容疑者は千葉市立誉田小学校の女児わいせつロリコン教諭?

事件

千葉県千葉市中央区新田町に住む、公立小学校教諭の八木航容疑者が女児児童にわいせつ行為を行ったとして、逮捕されました。

どうやら、八木渡容疑者は女児の担任、ということまで報道されています。

警察は被害者の特定に繋がるのを避けたい考えのようです。

 

実際、被害女児の学年などは公表されていません。

しかし、マスコミはここまで情報を開示してしまって、大丈夫なのでしょうか。

 

八木渡容疑者の事件の詳細を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

八木渡容疑者の経歴と顔画像!

どうやら八木渡容疑者は、千葉大学の教育学部を卒業していたようですね。

今は3年生の学年主任をしていて、テニス部を担当していたそうです。

この写真は千葉大学3年生の時に、教育実習をしている時の画像です。

つまり、20~21歳の時の画像。

現在、八木渡容疑者は34歳なので、10年以上前、ということになります。

 

フツーの人に見えます。こんな事件を起こすようには見えないところが、恐いですね。

八木渡容疑者の事件概要

小学生の女子児童にわいせつな行為をしたとして、千葉県警は1日、県内の小学校教諭の男(34)を強制性交等の疑いで逮捕し、発表した。「弁護士が来るまで答えません」などと供述しているという。

 発表によると、男は7月17日、県内で、女児が13歳未満と知りながらわいせつな行為をした疑いがある。捜査関係者によると、女児は男がこれまで勤務した小学校に通っており、女児の保護者から県警に相談があったという。

 男は現在、千葉市立小学校に勤務している。市教育委員会は朝日新聞の取材に「事実関係を確認中」としている。

 

どうやら、八木渡容疑者は朝礼が終わった後の、校舎内で授業が始まる前までの間に女児児童を、人目につかない場所に連れ出して、犯行に及んだそう。

その日の夜に、女児児童の親が警察に相談をしたそうです。

女児が親に相談をしなかったら、事件が発覚しなかった可能性もあるのでしょうか。。。

 

なお、被害女児児童にケガなどはなかった、と公表されています。

しかし、心に深いキズを負ってしまったことは、間違いないでしょう。

八木航容疑者は千葉市立誉田小学校の教諭?

千葉市の小学校で教師の検索をしてみると、八木渡容疑者の名前が該当する教師は一人です。

どうやら、八木渡容疑者は3年1組の担任のようです。

小学校3年生といえば、9歳くらいですね。

信じられません。。。

 

自分の子供が被害を受けたらと思うと、許せませんね。

 

なお、八木渡容疑者に認否は明らかにされていません。

警察は関係者への事情聴取や八木容疑者の自宅など関係先の家宅捜索などを進め、八木容疑者の犯行を裏付けた。

事件の全容が解明されるのに、そこまで時間はかからないでしょう。

 

家宅捜索まで始めるとは、警察は八木渡容疑者が児童ボルノ法違反のDVDを持っている可能性を考えたのでしょうか。

特に報道されていないところを見ると、その可能性は低そうですが。

スポンサーリンク

まとめ

学校の先生まで信用してはならない、と子どもに教えないといけないような世の中になってしまった、ということでしょうか。

実際、強制わいせつや盗撮などで捕まる教師が決して少なくないように、報道を見ていると感じます。

 

防犯ブザーなんて、帰宅途中の変質者対策に持っている児童が増えていますが。

学校内でも、肌身離さずもっていないといけない、ということになってしまいそうですね、特に女児児童は。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ