先日の佐野太被告もそうでしたが、今回逮捕された川端和明容疑者もどうやら同じ早稲田出身のようですね。

大学を卒業したのはずいぶん前なのに、ずっと交流が続いていたのでしょうか。

そんな長い付き合いだと考えると、川端和明容疑者からも、いろいろな余罪が出てくる可能性もあるように思われます。

真面目で明るい人柄であったとニュースで公表されていますから、本当なら川端和明容疑者の逮捕を残念に思う人も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、谷口浩司容疑者は株式会社東京医療コンサルティングという会社の元役員です。

噂では、東京医科大学だった可能性もあるそうです。

 

脱線しましたが、川端和明容疑者の事件を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

川端和明容疑者の事件概要

文部科学省の私立大学支援事業をめぐる汚職事件で受託収賄幇助罪で起訴された会社役員、谷口浩司被告(47)から約140万円相当の飲食接待を受けたとして、東京地検特捜部は26日、収賄容疑で同省国際統括官の川端和明容疑者(57)を逮捕した。また贈賄容疑で谷口被告を再逮捕した。

 川端容疑者の逮捕容疑は宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事に出向していた平成27年8月~29年3月、谷口容疑者が役員を務める医療コンサル会社に便宜を図った見返りに、東京都内の飲食店などで複数回にわたり接待を受けたとしている。

 一連の事件をめぐって特捜部は、東京医科大が「私立大学研究ブランディング事業」に選定されるよう便宜を図る依頼を受け、見返りに息子を合格させてもらったとして、受託収賄罪で同省前科学技術・学術政策局長の佐野太(ふとし)被告(59)を24日に起訴。谷口容疑者は佐野被告の犯行を手助けしたとして、受託収賄幇助罪で起訴された。同大の臼井正彦前理事長(77)と鈴木衛(まもる)前学長(69)も贈賄罪で在宅起訴された。

 川端容疑者は昭和59年に旧科学技術庁に入庁。文科省官房総務課長や文化庁文化部長などを務めた。

また早稲田繋がり!文科省の汚職・収賄事件は続く?

佐野太被告と川端和明容疑者は出身が早稲田のようですね。

今回の川端和明容疑者の逮捕も佐野太被告の事件を調べていった、結果的に芋づる式に発覚したようです。

しかし、株式会社東京医療コンサルティングの元役員谷口浩司容疑者は、いろいろな事件に絡んできますね。

他にも文科省の偉い人に見返り目的の接待を繰り返していた可能性がありそうですね。

 

文科省の汚職事件が立て続けに発覚して、官僚へのイメージが失墜していく一方です。

新たな逮捕者が出ないことを祈るばかりです。

でも、悪いことをした人は、しっかり捕まってほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

官僚って、もっとモラルを持って仕事をしてもらいたいですね。

いや、しかし、しっかり国のために一生懸命働いている人が大半のはずです。信じたい。

そう考えると、こんな汚職事件でイメージが失墜して、文科省で真面目に働く人がかわいそうになってきますね。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!