文部科学省局長級の国際統括官・川端和明容疑者が収賄容疑で逮捕されました。

どうやらコンサルタント業者から繰り返し接待を受けていたようです。

複数回の接待で使われた金額は140万円というから驚きです。

一体、どんな高額な接待をうけたのでしょうか?

 

どうやら今回の逮捕は、以前の文科省の前科学技術・学術政策局長、佐野太被告の受託収賄・裏口入学の捜査の過程で関係性を把握し、逮捕に至ったようですね。

スポンサーリンク

川端和明容疑者の事件概要

文部科学省から宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)に出向していた同省幹部がコンサルタント業者から繰り返し接待を受けていた疑いが強まり、東京地検特捜部は26日午前、同省局長級の国際統括官・川端和明容疑者(57)を収賄容疑で逮捕し、医療コンサル会社元役員・谷口浩司被告(47)(受託収賄ほう助罪で起訴)を贈賄容疑で再逮捕した。特捜部は同日午前、同省や東京都新宿区にある川端容疑者の自宅の捜索を始めた。

 前局長が受託収賄罪で逮捕、起訴された同省を巡る汚職事件は、別の局長級幹部が出向先の業務に絡み逮捕される事態に発展した。

 発表によると、川端容疑者はJAXAの理事だった2015年8月~昨年3月、谷口被告のコンサル業務に有利な取り計らいをした見返りに、都内の飲食店などで複数回にわたり約140万円相当の接待を受けた疑い。

川端和明容疑者の経歴は?

出身は兵庫県で、大学は早稲田大学政経学部だったようです。

旧科学技術庁に入った文科省のキャリア官僚であり。文化庁文化部長などを経て15年4月から17年3月までJAXAに理事として出向していました。

そして、17年4月1日に局長級の同省国際統括官に就いていました。

 

旧科学技術庁(現文部科学省)採用では少数派の文系出身でした。

明るくそつない仕事ぶりで局長級の国際統括官へと順調にキャリアを積んでいただけに、今回の逮捕は残念ですね。

 

また汚職!接待はキャバクラか?

接待の詳細までは分かっていませんが、140万円という大金ですから、キャバクラの可能性も考えられそうですね。

どんないかがわしいお店だったのか、あまり想像したくないですね。

まあ、フツーに高級なお店というだけの可能性もありますが。

谷口浩司被告は佐野太被告の時といい、今回の川端和明容疑者のときといい、ずいぶん見返りを求める接待を繰り返していたようですね。

 

早く事件の全容が解明されるといいです。

スポンサーリンク

まとめ

先日、文科省の前科学技術・学術政策局長、佐野太被告の受託収賄・裏口入学の事件が発覚したばかりですよね。

文科省は一体何をやっているんだ、という厳しい声は今後も続きそうです。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!