【伊藤由男容疑者】泥酔で殺人未遂!錯乱状態で見境がなかった?

事件

名古屋市立大病院救命救急センターで伊藤由男容疑者が殺人未遂の容疑で逮捕されました。

センター副部長の山岸庸太医師はカッターナイフで首を切られ軽傷を負ったようです。

命に別状がない程度の軽傷とはいえ、首という急所が狙われたわけですから、殺意があったことは明らかですね。

患者が医者を襲う事件なんて、なかなか聞きません。

一体、何があったのでしょう!?

スポンサーリンク

伊藤由男容疑者の殺人未遂事件概要

25日午後5時10分ごろ、名古屋市瑞穂区瑞穂町の名古屋市立大病院救命救急センターから「患者が医師に切り付けた」と110番があった。愛知県警瑞穂署によると、同センター副部長の山岸庸太医師(53)が、患者の男にカッターナイフ(全長約15センチ)で首を切られ軽傷を負った。他の医師らが男を取り押さえ、駆け付けた同署員が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは同市瑞穂区松栄町2、職業不詳、伊藤由男容疑者(70)。逮捕容疑は25日午後5時7分ごろ、同センター1階通路で、山岸さんの首の左側を持っていたカッターナイフで切り付けたとしている。「黙秘します」としているという。

 同署や病院によると、伊藤容疑者は瑞穂区内で酒を飲んでいて、泥酔状態で救急搬送された。暴れたため、医師らが1階の個室に移し、ベッドに拘束して点滴を打って部屋を離れた。その後、心電図の異常に気づき、山岸さんや看護師らが駆け付けると、手足を拘束していた抑制帯が切られていた。ふらついていた伊藤容疑者は山岸さんに切り付け、その後も暴れ続けたが、取り押さえられた。

 同センターは20床あり、生命に関わる重症(3次救急)を中心に、救急搬送患者の受け入れと初期診療を行っている。

泥酔で殺人未遂!錯乱状態で見境がなかった?

どうやら伊藤由男容疑者は泥酔状態で暴れたようですね。

それで個室に移され、駆けつけた山岸庸太医師をカッターナイフで切りつけたようです。

 

ということは、計画的な犯行ではなく、錯乱状態だったと考えられます。

個室に駆けつけたのが山岸庸太医師だったのは偶然でしょう。

恨みがあって山岸庸太医師を狙って待っていた、とは考えずらいと思います。

 

山岸庸太医師を切りつけた後も暴れていたため、取り押さえられた、ということからも、錯乱状態だった可能性が高いように思われます。

自暴自棄になってしまったゆえの犯行だったのでしょうか。

 

とにかく、山岸庸太医師の首の傷が大事に至るものではなくて、良かったですね。

一種の通り魔事件か?

連続殺人事件は自分が逮捕されないようにしながら犯行を重ねます。

一方で、通り魔は顔を隠したりせず犯行に及び、逃げたりもしません。

 

『誰でもいいから殺したかった』と通り魔は口にします。

このような行為は拡大自殺とも言われて、自分だけでなく道連れを作って自殺しよう、という心理です。

 

伊藤由男容疑者は黙秘を続けているそうなので真実は分かりませんが、今回の事件も通り魔的な犯行だった可能性がありますね。

 

伊藤由男容疑者が70歳という高齢だったから、被害者が少なくて済んだのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

本当に物騒な世の中だな、と今回の事件で感じました。

患者が医者を襲う、というのが信じられなくて、通り魔的な犯行だと、自分で自分を納得させたくて記事を書いているような気がしました。

 

山岸庸太医師が大事に至らなくて良かったと思います。

事件の全貌が明らかになることを祈ります。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ