愛知県東浦町石浜に住むブラジル国籍のアルバイト、カネタ・ジェルソン・コーヘー容疑者(66)と妻で派遣社員のタニア・ブルン容疑者(44)を詐欺の疑いで逮捕されました。

 

どうやら、狩猟免許の無いジェルソン容疑者が捕獲をして、免許を持つ妻のタニタ容疑者が捕獲していたと嘘をついていたみたいですね。

だましているつもりはなかった、とジェルソン容疑者は供述。

 

しかし、有害鳥獣を捕獲して報奨金を申請するのに、免許が必要なんですね!

ちょっと興味深かったので、調べてみました!

スポンサーリンク

愛知県設楽町の有害鳥獣の捕獲で詐欺!の事件概要

有害鳥獣を不正に捕獲し、国や愛知県設楽町から奨励金や報奨費をだまし取ったなどとして、愛知県警は23日、同県東浦町石浜に住むブラジル国籍のアルバイト、カネタ・ジェルソン・コーヘー容疑者(66)と妻で派遣社員のタニア・ブルン容疑者(44)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。

 ともに、奨励金などの詐取については「だましているつもりはなかった。生活費のためだった」などと説明しているという。

 県警によると、ジェルソン容疑者は、狩猟免許がないのに、狩猟期間外の昨年11月7日ごろ、設楽町でニホンジカ3匹とアナグマ1匹をわな猟で捕獲。この4匹を狩猟免許を持つタニア容疑者が捕まえたと偽り、2人で今年1〜3月、同町有害鳥獣捕獲奨励金や国の活動報奨費計8万6千円を不正受給した疑いがある。ジェルソン容疑者には、期間外に無免許で捕獲したとして、鳥獣保護管理法違反の疑いもある。

 タニア容疑者は2015年に免許を取得。昨年までに計189匹を捕獲したが、実際にはジェルソン容疑者が捕まえることが多かったという。たびたび奨励金などの申請をし、昨年10〜12月分だけで約118万円を受給していたという。

どんな免許が必要になるの?

こんな感じで狩猟免許は4種類あるようです。

でも、実際にほとんどの人が第1種狩猟の免許をとるよう人が大半のようです。

それとわな猟ですね。

しかし、狩猟をする人の人数は昭和50年頃と比較すると、半分くらいにまで減ってしまっているんですね。

 

たまに害獣駆除のテレビ番組を観ることがありますが、イノシシや鹿が増えて被害が増えている、という話にもなっとくできますね。

 

ちなみに、狩猟免許にかかる費用は全国一律で変わりません。

狩猟免許をとるために猟友会が開催している予備講習会の費用が地域によって違うからです。

どうやらイノシシや鹿の被害が多い所は、無料だったりするようですね。

 

まあ、書類などの手続きがあったりしますが、どうやら2,3万円程度で狩猟免許はとれるようですね。

カネタ・ジェルソン・コーヘー容疑者も妻が免許を持っているのだから、しっかり免許を取っていれば、と残念な気持ちになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

カネタ・ジェルソン・コーヘー容疑者の事件から、狩猟免許のことをすごく簡単にですが、調べてみました。

狩猟免許は予備講習会に参加して大事なポイントをしっかり学べば、決して難しい免許ではないようですね。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!