愛知県豊田市の梅坪小学校で、熱中症が原因で男児児童が亡くなる、という痛ましい事件がおきてしまいました。

子どもをもつ親としては、他人事に思えないような事件ですね。

かわいそうにと児童や両親を思う方、学校への怒りを感じ非難の声をあげる方も多く、世間の注目が集まりそうです。

連日、酷暑ともいえる暑い日が続くうえで課外授業を行ったことから起きた今回の事件。

防ぐことはできなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

梅坪小の熱中症事件の概要

17日午前、愛知県豊田市で小学校の校外学習に参加した1年生の男子児童が学校に戻ったあと意識を失い、熱中症で死亡しました。豊田市は、午前中から気温が30度を超え、気象台は、愛知県に高温注意情報を出していました。

愛知県の豊田市教育委員会によりますと、死亡したのは豊田市立梅坪小学校の1年生の男子児童です。

児童は、17日午前、学校から1キロ離れた公園で行われた校外学習に参加し、学校に戻ったあと意識を失って心肺停止になり、その後、死亡が確認されました。

熱中症と診断されたということです。

校外学習は、午前10時すぎから、1年生およそ110人が参加して行われ、30分ほど虫取りや遊具などで遊んだあと、11時半ごろに学校に戻ったということです。

児童は、公園に行く際、前を歩いていた児童から遅れ、「疲れた」と訴えたため、担任の教師が手を引いて歩いたということで、帰りも「疲れた」と話していたということです。

豊田市教育委員会学校教育課の鈴木直樹課長は「学校の教育活動の中で児童が亡くなるという重大な事態が発生した。深くおわび申し上げます」と陳謝しました。

また、梅坪小学校の藪下隆校長は「結果的に大事な子どもの命がなくなってしまい判断が甘かったと痛感している」と話しました。

気象台によりますと、豊田市は、きょう午前9時に30度4分を観測し、熱中症の危険が特に高まっているとして、気象台は愛知県に高温注意情報を出していました。

この事件のニュースはこちら!

 

 

なぜ炎天下の中、課外授業が行われたのか?

結果的に判断が甘かった、と校長は会見で話していますが、最悪の事態に発展してしまった今回の事件。

防ぐことはできたはず、という声も多く、なぜ課外授業が行われたのか?という非難が集中しそうです。

 

児童は公園に向かう途中から「疲れた」と話していたこと、と担任に訴えていたこと。

それでも、担任は手を引いて公園に連れて行ったこと。

帰り道でも、その児童は「疲れた」と訴えていたこと。

 

また、課外授業が終わり教室に戻った後、児童の唇の色が悪くなったのに気がついた担任は、児童を風通しの良い場所で休憩させた。

その後、意識が遠のいた時点でようやく救急車を呼んだ、ということ。

 

このシグナルへの対処が甘かったことを担任の先生が問われるのは、仕方ないかもしれません。

結果論になりますが、もう少し神経質に児童の訴えに対処していればと思うと、悔やまれますね。

 

しかし、一番の責任は校長先生になってくるでしょう。

毎年のように、日本全国で猛暑の最高記録が更新されている中で、去年と同じことを続けていたことは、問題があるでしょう。

 

熱中症は大人でも、油断して体調管理が甘ければなってしまうような症状です。そして、毎年のように死者がでるほど、恐ろしいものです。

過保護と言われても、というより、過保護と言われるくらいの対応をとるくらいで、ようやく安全なのかもしれません。

 

亡くなった男児には、心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

まとめ

児童が亡くなる、という本当に悲しい事件です。

せめて、再発防止のための策をしっかりとって欲しいと思います。

 

個人的には、過保護と非難がでるくらいでもいいと思います。

まだ、酷暑ともいえる日が続きます。まだまだ、夏は始まったはかりです。

児童の生命を一番に考えてもらいたいと思います。

 

重ねて、亡くなった児童には、心よりご冥福をお祈りします。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!