マフィ逮捕、口論の詳細や理由!ラグビー日本代表の暴行、保釈まで!

事件

ラグビー日本代表であるマフィ選手が遠征先・ニュージーランドで暴行事件を起こし、14日に逮捕されていたことが分かりました。

その後16日、ニュージーランドの裁判所に出廷して、保釈が認められたそうです。

マフィ選手が暴行に及んでしまうほど、怒った理由は何だったのでしょう?

ラグビーの日本代表ともなれば、社会的な期待と責任も大きいと自覚もあるはず。それでも、暴行に及んでしまったのは、よほどのことがあったのでしゅか?

 

今回の事件の詳細をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

マフィ選手暴行容疑で逮捕、事件の概要

スーパーラグビーのメルボルン・レベルズ(オーストラリア)に所属するラグビー日本代表NO8アマナキ・レレイ・マフィ(28)が、ニュージーランドで逮捕されたと、15日付のニュージーランド紙「NZ Herald」(電子版)が報じた。マフィは16日に裁判所に出廷する予定となっているという。

 オーストラリア協会は、マフィがニュージーランドの警察に拘束されていることを確認していると伝え、所属クラブであるメルボルン・レベルズとともに共同声明を発表していると報じた。

 同サイトによると、チームメートでオーストラリア代表のティマニに暴行を加えたという。チームは14日のハイランダーズ戦で、勝てばスーパーラグビーに参戦して初めてのプレーオフ進出も、37-43で逆転負けを喫して敗退が決まった。その後にマフィとティマニが口論になって今回の騒動が起きたという。

 報道によれば、マフィとティマニはともにニュージーランドの警察に拘束されている。オーストラリア協会は「他の選手がこの争いに関与していないことを確認した」と、2人だけの騒動だったと主張。ニュージーランド警察の広報担当者は、暴力を振るったとされるマフィも軽傷を負っていることを明かしている。

マフィ逮捕、口論の詳細や理由!

ラグビー選手となれば、体も当然大きいですし、恐い印象を持つ方もいるかもしれません。

 

しかし、マフィ選手は体は大きくても、顔はにこやかに笑っていることが多く、とても優しそうな印象を受けます。

また、監督からも性格がいい、と言われていましたから、マフィ選手のことを知っている人ほど、今回の事件を驚かれたと思われます。

チームメイトからの評判はもちろん、信頼も厚いそうです。

口論の理由は、やはり、チームの大事な試合が逆転負けをしてしまったこともあり、二人もイライラしてしまっていたのでしょう。

マフィ選手も軽傷を負っているから、決して一方的な暴力を振るった、というわけではありません。

 

事実、マフィ選手だけでなく、相手の選手も一緒に逮捕されていますから、マフィ選手が一方的に悪いわけではありません。

相手のティマニ選手もオーストラリア代表なので、オーストラリアではマフィ選手と同じように報道されているでしょう。

 

もしかすると、早い段階で第3者が口論を止めに入ったのかもしれませんね。

いずれにせよ、どちらの選手も大きなケガを負わずにすんで良かったと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

口論の詳しい内容まで、実際のところ大したことではなかったのではないでしょうか。

すぐにマフィ選手は保釈されていることからも、反省しているのでしょう。

 

今後のマフィ選手のラグビーの活躍に期待したいですね。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ