東京都江戸川区で、なぜ集団自殺?動機や心理、SNSの理由について!

事件

東京都江戸川区西一之江にある住宅の2階で、男女5人が練炭を使って集団自殺を行ったという事件が起きました。

しかも、亡くなった女性2人は20代という若さだったというから残念でなりません。

今回の5人の集団自殺という悲しい事件を阻止することはできなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

東京都江戸川区の集団自殺事件の概要

13日午後9時ごろ、東京都江戸川区の住宅で、2階の部屋に男性2人、女性3人の計5人の遺体を警察官が発見した。窓が粘着テープで目張りされ、室内には燃えた練炭があったことなどから、警視庁小松川署は集団自殺を図ったとみて調べている。

 同署によると、この住宅の住人の男性(37)は10日ごろ、ツイッターで知り合った別の20代女性に「自殺する人が集まった」と連絡しており、警察官は女性が13日に通報したのを受け、確認した。

 5人に目立った外傷はなく、いずれも一酸化炭素(CO)中毒で発見時から2日以内に死亡していたとみられる。男性のうち1人は、住人男性の可能性がある。女性は2人が20代、1人が40代とみられ、東京都以外の警察に行方不明届が出ていた人もいるという。

 遺体が見つかった部屋には、練炭5個がフライパンや網の上に置かれ、5人は取り囲むような状態だった。

 20代女性は13日に「男性が自殺をほのめかしている」と神奈川県警を通じ警視庁に通報。小松川署員が到着した際、玄関が施錠されていたため、大家から合鍵を借り室内に入った。

 12日にも、別の人物から同様の通報が警視庁にあり、署員が住宅を訪れたが、施錠されていたため室内は確認しなかったという。

この事件のニュースはこちらになります。

 

自殺する人の心理や動機について

そもそも、なぜ人は自殺をするのでしょうか?

 

一般的に自殺をする人の心理としては、自殺する以外の選択肢が思いつかない状態にあると言われています。

言い換えれば、自殺すれば全てがうまくいく、としか考えられないほど、追い詰められた状態にある、と言えるでしょう。

 

当然、今の日本になら、どんな状況であれ、自殺をしないで済む選択肢は無限にあります。

しかし、そういった冷静な判断、自分の客観視ができないほど、心が弱ってしまっている、ということです。

集団自殺でなければ、自殺未遂で済んだ人も?

今回は自殺者の中に20代が2人もいました。

若い人の場合、自殺者の数に比べて、自殺未遂者の数が圧倒的に多いと言われています。

 

もしかしたら、集団でさえなければ、自殺未遂で済んで、人生をやり直せた人がいたかもしれません

そう考えると、とても残念です。

なぜ集団自殺でSNSが使われるのか?

人として心を許せる友が欲しい、深い心のつながりを感じたい。 誰もが抱く心理でしょう。

 

しかし、自殺をする人は孤独な人が多く、深い人間関係を作ることが苦手です。

直接人と接することで傷つけてしまったり、傷つけられたりするのが怖いのでしょうか。

 

しかし、ネットなどのSNSであれば、匿名性を前提に接することができます。

 

『わたしは自殺をしたいと考えています』

 

こんな現実世界で口にできないような言葉も簡単に発信できます。

 

そこから同意を得られれば、深い繋がりを感じてしまうのかもしれません。

 

こんなに本音で話せたのは初めてだ、と感じだりしたら、その繋がりがなくなってしまうことを極端に恐れるでしょう。

 

その繋がりが無くなってしまうくらいなら、この人たちと集団自殺をした方がマシだと考えてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

東京都江戸川区の集団自殺から、自殺する人の心理や動機、なぜSNSが使われるのか、の理由について考察してまとめました。

今の日本において、1年間で交通事故で亡くなる人が1万人に対して、自殺をする人は3万人近いと言われています。

 

なんで、事故の防止ももちろんですが、自殺の防止にも、もっと力を入れるべきなのかもしれません。

事件の全容が解明されて、再発防止が強化されることを、切に願います。

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!

コメントを残す

ページの先頭へ