7月12日に大津市南郷中でソフトテニスの顧問が猛暑の中に、男子生徒を罰として校庭を80周走らせました。

その結果、救急搬送されるほどの重度な熱中症で男子生徒が倒れてしまうという、痛ましい事件が起きました。

 

男子生徒は翌日、学校を休んだとはいえ、命に関わるようなことにならなかったのは、本当に幸いでした。

この大津市南郷中の事件は、猛暑で熱中症に気をつけましょう、と連日のようにニュースで報道されている中で起きた事件。

 

冷房をつけていなければ、屋内でも熱中症になりかねない猛暑日に、夕方とはいえ80周走れ、と命じるのは、虐待と捉えられても仕方のないことなのではないでしょうか。

 

あるいは、その生徒に対してのみの罰となれば、ソフトテニス部の教諭も絡んだいじめの可能性もあるように思われます。

実際のところは、どうだったのでしょうか?

スポンサーリンク

大津市南郷中の熱中症事件の概要

大津市立南郷中学校で、ソフトテニス部顧問の教諭が、ミスをした部員の2年の男子生徒(14)に「校舎の周りを80周走れ」と命じていたことが14日、市教育委員会への取材で分かった。生徒は途中で脱水症状を起こして熱中症となり、救急搬送されたが、現在は回復しているという。
 市教委によると、顧問の男性教諭(31)は12日午後4時35分ごろ、練習中にミスが続いた生徒に「校舎の周囲を80周走れ」と命令。同5時10分ごろ、途中で倒れている生徒を工事業者が発見した。生徒は13日は学校を休んだという。
 校舎の外周は230メートルあり、生徒が倒れたのは9周目だった。教諭は「ミスの罰として何周走るか聞いたところ、10周と言うのを期待していたが、4周と答えたので命令した」と説明しているという。記者会見した木塚聡明校長は「生徒を生死にかかわる苦しい状況に追い込み、大変申し訳ない」と謝罪した。

 

生徒が倒れているところを発見したのが、工事業者だった、ということから、命じた教諭はもちろん、同じソフトテニス部の生徒たちすら、走っている男子生徒をみていなかった、ということは明らかですね。

工事業者の方が発見しなかったら、最悪の事態も考えられたと思うと、本当に今回の事件は信じられません。

 

しかし、顧問も生徒も見ていなかった、というのは気になりますね。

つまりは、当たり前のことであり、日常的なことだったからではないでしょうか。

今回の80周は極端かもしれませんが、10周程度の罰は日常的に命令されていたのかもしれません。

 

罰を命じた時間が午後4時35分で、工事業者の方が発見した時間が午後5時10分であったことからも、倒れてすぐに発見されたことが、大事に至らなかった要因でしょう。

日常的な罰だった?いじめや虐待の可能性は?

生徒が倒れたのは、校舎の外周を9週目の途中、ということは、2キロ程度しか走っていない状況だった計算になります。

なので、もう男子生徒の体力は罰として走る前に、限界目前だったと考えられます。

 

おそらくは、過酷な練習の後だったのでしょう。

罰を受けることになった男子生徒のミスに関しても、男子生徒の体調がそもそも優れていなかったとも考えられます。

 

男子生徒は自分が体力的に限界が近いことを自覚していました。

だからこそ、教諭に罰として走るのは、4周と答えたのでしょう。

 

それを80周走れと命じるのは、その教諭は正気とは思えませんね。虐待だと個人的には思います。

憤りを感じる方も多いのではないでしょうか。

教諭と男子生徒の間に、逆らえない関係性が既にできあがっていたことは、言うまでもありません。

この関係性ができていることからも、日常的に罰があったと考えられます。

教諭の男子生徒に対するいじめと言えるかもしれませんね。

 

そして、翌日に男子生徒は学校を欠席しました。

教諭に何を言われるかが、男子生徒は恐かったからではないでしょうか。

本来、責められるべき教諭に、生徒が責められると思ったから欠席したのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

大津市南郷中の熱中症事件は、たまたま起きたことではなく、日常的に繰り返されていた罰が、徐々にエスカレートした結果の事件だったのでは、と考えられます。

その日常的な罰はいじめや虐待を見る人によっては感じたかもしれませんね。

 

救急搬送されるような事態に発生するまで、ソフトテニス部の生徒たちすら止められなかったほど、教諭が恐ろしい方だったのかもしれません。

事件の詳細は報道されていないので、詳細は分かりませんが、二度とこのような事件が起きないことを切に願います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!