7月1日の行列のできる法律相談所で、指原莉乃さんが許せないコメンテーターとして、古市憲寿さんを挙げていますね。

なぜか古市憲寿さん、カツラ疑惑まであがっています。違うみたいですが。

 

先日28日の「とくダネ!」でも、日本戦で渋谷などで熱心に応援するサポーターに対して、「渋谷にいる人って、ただ盛り上がりたいという人が多いんじゃないか」と発言し、小倉智昭さんからたしなめられていました。

そんな空気を読まない発言をしては炎上を繰り返す古市憲寿さんに対して、非常識というよりも、アスペルガー症候群なの?と話題になっています。

また、そうでなければ、露骨な炎上狙いだろ!とも言われています。

 

やはり、指原莉乃さんだけではなかったようですね、古市憲寿さんをそういう風に思う人。

ということなので、古市憲寿さんだ動揺したエピソードや、アスペルガー症候群疑惑を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

行列で指原莉乃が許せない古市憲寿さんが動揺した面白い?エピソード

過激な炎上発言を繰り返す古市憲寿さんです。

たくさん集まる批判を意に介さないメンタルは、実際すごいと思います。よくも悪くも、メディアに出る人としては必要なのかも。

 

そんな古市憲寿さん、実は自分の性格を的確につかれて、思わずうろたえてしまったことがありました。

 

それは、2017年7月2日の「ワイドショー」でのこと。

騒動とは無関係なのに批判をしているネット民に対して、こんな発言。

『バカを相手にしても仕方がないじゃないですか』

『ボクから見て賢くないと思う人をいちいち相手にしても仕方がないので、無視すればいい』

相変わらず、言葉を選ばない古市トークをしていました。笑

 

この発言に対し、古市憲寿さんとなじみ深い政治学者の三浦瑠麗さんが、失笑しつつ発言。

『でも、(古市憲寿さんって)結構傷つきやすいじゃん』

これに対し、古市憲寿さんは細い目を開いて明らかに動揺。

『まあ、だから、その』

とテンパってろくな弁明もできない様子。

 

そこで三浦瑠麗さんが追撃。

『事前に言われる前にバンドエイドを張りににいく性格だよね』

と逆に見下されてしまったそうです。笑

カマをかけたのか、三浦瑠麗さんしか知らない古市憲寿さんの一面があるのか、真意は分かりませんが。

 

その後、隣でその様子を見ていた優しいヒロミさんが『なんでお前、そんなにおびえているんだよ』とフォローのツッコミを入れて、助けてくれました。笑

ちなみに、視聴者からは「見透かしたようなニヤニヤした上から目線で(三浦瑠麗さんから)見られてたから必死だったな」なんてコメントされています。

古市憲寿さんはアスペルガー症候群なのか?それとも、炎上狙いなのか?

場の空気が読めない、思っていてもフツー発言しちゃダメでしょ、という発言。

こういったら相手がどう思うだろう、相手を傷つけてしまったり怒らせてしまうかもしれない、と考えられないこと。

 

非常識な人と言えばそれまでですが。

数々の炎上エピソードから、古市憲寿さんは人とのコミュニケーションがうまくできない自閉症の一つである、アスペルガー症候群なのではないか、と噂されています。

ちなみに、アスペルガー症候群の人は自分の失言に対して、周囲の人が眉をひそめていても分からないし、何が悪いのかも分からないそうです。

 

アスペルガー症候群は自身でも気づきにくいため、意外な人もアスペルガー症候群だと診断されているそうです。

言語障害や知的障害の症状がないので、周りからは「変わった人」と避けられてしまうから、なかなか気づくきっかけが得られないのでしょう。

一方で、そうでないなら、あえて場の空気を読まないというのなら、明らかに炎上を狙っているとしか思えない、という声にももっともだと思います。

 

どちらなのか、本当のところは分かりませんが。

 

アスペルガー症候群のもう一つの特徴、限定された物事へ異常なこだわりや興味を示すこと。

そして、その限定された物事に対して異常な記憶力や集中力を発揮すること。

また、古市憲寿さんが慶応大学卒、東京大学大学院博士課程在学中で相当な記憶力や集中力が明らかなこと。

 

こういったことまで考慮すると、アスペルガー症候群の可能性は否定できないかも、と個人的には思います。

スポンサーリンク

まとめ

炎上エピソードはたくさんあるので、古市憲寿さんが動揺したエピソードについてまとめてみました。

他にもウエンツ瑛士さんに「ハーフって劣化がはやいよね」と差別的な発言をしたり、何か古市憲寿さんは怒りを買っています。

 

個人的には、指原莉乃さんがんばって、負けないで!とコメントしたいです。

全く指原莉乃さんについて書いていませんが。笑

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!