6月22日の爆報フライデーに浜田ブリトニーさんが出演されますね!

浜田ブリトニーさんと言えば、2007年頃に『ビッグコミックスピリッツ』で連載されていた、ギャル語を用いる渋谷のギャルの生態を描いた『パギャル』が話題になりました。

また、定住せずに漫画喫茶やカラオケボックスに寝泊まりしながら、漫画を連載する『ホームレスギャル漫画家』という肩書が印象に残っている方も多いかもしれません。

現在はシングルマザーということで、どんな特集が組まれているのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

爆報フライデーの浜田ブリトニーとは?

本名は浜田菅子(はまだすがこ)。福岡県出身。

2018年現在でおそらく38歳のようです。生年月日は公表していませんでした。

 

簡単な経歴を紹介します。

 

漫画家を目指したきっかけは、藤子不二雄Aの自伝的漫画『まんが道』に感動したから。そして、2005年4月に日本マンガ塾昼間部プロ養成科に入学しました。

ちなみに、この時ペットトリマーになるための専門学校を卒業した後でした。わざわざ専門学校を出たのに、マンガ家の道に方向転換しちゃう決断力はすごいと感じますんね。

それほど『まんが道』が衝撃的だったのでしょうか。。。

 

驚いたことに、入学して半年後に描いた作品でマンガ塾内の最優秀作品賞に選ばれ、『ビッグコミックスピリッツ』の編集部にマンガ家デビューが決まりました。

 

もちろん、あっさり決まったわけではありません。いかにもギャルな風貌に、大丈夫かと最初は編集者も不安になったそうです。

ただ、マンガの内容が斬新であったことや、浜田ブリトニーさんと話しているうちに、大丈夫だと判断してデビューが決まったそうです。

 

その後、浜田ブリトニーさんは個人事務所兼PR漫画制作会社の「PIECE EIGHT(ピーエイト)」を立ち上げます。

この時、月収が300万円になったと話題になりました。

今度は経営者として脚光を浴びた浜田ブリトニーさんはビジネスマン向けの講演も開くようになりました。一回で70万円という、すごい金額の講演です。

 

経歴をみていくと、ホームレスというところからの大成功のように見えますね。

ちなみに、あるインタビューで成功の秘訣は?と聞かれた際に、『ホームレスで何もなかった状態』を漫画に活かしたことだ、とコメントしています。

どんな風に活かすのだろう?もっと具体的に知りたい、と思った方が、講演の依頼をするのかもしれませんね。

 

ちなみに、プライベート面では、2018年の4月19日に第一子の女児を出産されました。

離婚の理由は旦那がゲイだったから!

浜田ブリトニーさんが婚約していた相手は、IT企業に務める大人しい感じの男性でした。その男性とは同棲もしていて、婚約指輪まで受け取っていたそうです。

 

そんなある時、その彼と新宿2丁目に一緒に行ったところ、普段は大人いい彼がいきいきとしてオカマの店員男性と連絡交換をしだしたのだとか。

その積極的な姿に浜田ブリトニーさんは当然、驚きます。

その後、彼から「好きな男性ができたため、結婚できない」と告げられて、話し合った結果、妊娠していたけれでも別れる決断をしたそうです。

 

個人的には衝撃的でした。

ただ、浜田ブリトニーさんは子供のことを考えれば、結婚する前に彼がバイセクシュアルだと分かって良かった、と語っています。

 

別れることを決断した以上、前向きに捉えるしかないのかもしれませんが、ビジネス面、プライベート面ともに、たくましい女性だな、と感じます。。

スポンサーリンク

まとめ

浜田ブリトニーさんについてまとめてみましたが、本当に活動的な方でしたね。近いうちに、またテレビでお目にかかるかもしれませんね。

これからの浜田ブリトニーさんの活躍に期待です。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!