元SKE48の矢方美紀さんが6月22日のNHK総合『まるっと』に出演されますね!

 

矢方美紀さんというと、25歳で乳がんになり、それを公表されたので、ニュースで記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

調べてみたところ、周りの人たちを気遣い自分自身も全て受け入れたうえで、前向きに、幸せを感じながら生きていこうとしている、たくましく素敵な女性でした。

スポンサーリンク

そんな矢方美紀さんのことをお伝えしていきたいと思います。

元SKE48矢方美紀の乳癌の発見のきっかけや入院まで

矢方美紀さんが自身の乳がんに気がついたのは、2017年の12月のことでした。きっかけはセルフチェックだったそうです。

小林麻央さんが亡くなって間もなかった頃ですから、乳がんの早期発見の大切さやセルフチェックに関する番組が多かったのでしょう。

 

矢方美紀さんも働く女性として小林麻央さんを尊敬してる、と話していました。ただ、健康診断などにはしっかり受けていなかったそうで、何気なくネットで検索をして行ってみたそうです。

 

そして、左胸にビー玉のようなしこりを発見して、2箇所の病院で検査したそうです。この時は検査結果は乳がんかどうか確定せず、年明けのさらに詳しい検査で乳がんの宣告をうけました。

 

お酒も大して飲まない、タバコも吸わない。そんな自分がなぜ?

当然、ショックで受け入れられるわけないですよね。。。

 

その後、リンパ節にもがんが転移していることも発覚。名古屋に一人暮らしだったため、一人で告知を受けたそうです。一体、家族に伝えるのに、どれだけ悩んだり涙を流したのでしょう。。。

 

ただ、矢方美紀さんはできるだけ親御さんに伝える時に、明るく振る舞うことを心がけたそうです。自分が深刻に伝えてしまえば、親御さんが余計に心配してしまうから。

 

真剣に想像すればするほど、それがどれだけすごいことか分かりますね。

早期発見ができて、本当に良かったと思います。

矢方美紀さんの手術のときや手術後は?

手術の前はさすがに不安になって眠れない、とTwitterで明かしていました。

痛くないし、恐くない。明日の目標は泣かないこと、なんて綴っています。

 

ちなみに後から、この手術を受けるまでの期間が、一番辛かった、と話しています。

やはり、辛いときや不安なときは、考えても仕方がない、むしろ良くない、と分かっていても、いろいろなことが頭を巡ってしまいますよね。この時は、多くのファンが励ましの言葉を送っていたそうです。

 

2018年の4月2日に矢方美紀さんの左乳房の全摘出とリンパ節切除の手術が行われました。

目が覚めたら無事に終わっていたそうです。手術の次の日にはファンにブログで報告されていました。安心したファンも多かったのではないでしょうか。

はやく仕事したいぜ!なんて綴っているのを見ると、本当に前向きでエネルギッシュなんだな、と思います。

手術後は左手を肩から上に上げるのは難しいので、朝に顔を洗うのも苦労したそうです。ただ、一緒に健康って素晴らしい、なんてコメントされていました。

自分の健康や日常を当たり前のように捉えている自分に、ハッとさせられますね。。

 

手術後は意外と元気だった、ということで本当に良かったです。リハビリをがんばれば以前のようになれる、という話でした。きっと、矢方美紀さんだとファンの応援を真っ直ぐに受け止めて、ここからリハビリをがんばったのでしょう。

スポンサーリンク

矢方美紀さんの現在は?

現在、爆報フライデーに出演されたり、精力的に活動されています。手術後には、これからやりたいことがたくさんあるので前向きに進んでいく、とコメントされていました。

きっと、やりたいことの一つは、自分の経験を多くの人に伝えていくことだったのでしょう。矢方美紀さんにしか伝えられないこと、できないこと、たくさん見つけて、これから発信していくのだと思います。

ちなみに、最近の公式ブログではロングウィッグ(4500円)を購入されて、前向きに楽しみながら、様々なヘアスタイルに挑戦しているそうです。

つむじのあたりが気になるから、帽子をかぶったりしてみたのだとか。

ブログを見て前向きにがんばっている姿をみると、ウィッグを買わない人でも前向きに、自分の抱えている問題を前向きに試行錯誤してみようと元気をもらえますね!

 

今後の活動に期待です!調べていて、すごく励まされたし自分の健康のありがたさを感じたり、自分のできることについてかんがえさせてもらいました。

ここまで読んで下さった方も、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!