7月17日のマツコの知らない世界では、ハムカツ太郎さんが出演してカンザイパン(官財板)を紹介されるそうですね。

どうやら、70円の激安ハムカツとか、いろいろなハムカツの中の一つとして、紹介されるようです。

自分が大好きなものを、マツコさんが食べた時にどんな反応をするか、ハムカツ太郎さんは楽しみでしょうね。

ではでは、鶯谷のカンザイパンとハムカツ太郎さんについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マツコ絶賛!?鶯谷のカンザイパンとは?

カンザイパン本舗は東京の鶯谷にあります。

台湾の夜市で人気のB級グルメ「官財板」の専門店です。

どうやら、なかなかの人気店みたいですね。

これが、話題のハムカツのカンザイパンだそうです!

注文を受けてから揚げるそうなので、5分くらい?かな。

少々待つそうですが、アツアツの揚げたてが食べられる、というのは嬉しいですよね!

 

ちなみに、揚げパン専門店ということで、コッペなどいろいろな種類があります。

手前の揚げパンは手作りポテトサラダ、奥の揚げパンには、生クリームが入っていますね!

美味しそう!甘党にはたまりませんね!笑

 

さすがに、揚げてあるしキツそう、と思った方もいるかもしれませんが、実は揚げパンなのに食感は軽い感じで、ペロリと食べられてしまうから不思議です。

しつこくならないように、うまく工夫されているみたいです!

 

ハムカツだけでなくて、いろいろな中身のものが選べます!

こちらが、わりと人気の角煮と卵が入っているカンザイパン!

揚げてあるのでトーストはサクサクしていますが、中にはアツアツどトロトロの角煮とスライスされたゆで卵が入っています!

カンザイパン(官材板)とは、こんな感じで、食パンを揚げて中に具材を詰め込んだ惣菜パンです。

 

本場の台湾では、角煮の他に、エビチリやメンチなどが入っているそうですが、一般的なのは、シチューが入ったものだそうです!

 

ちなみに、カンザイパン本舗では、シチューではなく、クラムチャウダーが入っていたりします。

日本人にウケるように考えたそうです!

 

気になる住所ですが、JR鶯谷駅から徒歩で2分ほどの場所です。

住所:東京都台東区根岸1-1-16 斎藤ビル 1F

鶯谷駅南口を出て、左、線路の上の橋を渡って階段を降ります。
地下道があるの、地下道をくぐって左へ。サンクスが見えます。
サンクスの手前を右へ。3軒目くらいに「KANZAI PA~N」があります!

ハムカツ太郎さんって、どんな人?

ハムカツ太郎さんの本名は原匡仁(はら ただひと)さん。

自称?昭和の匂い愛好家とブログでは語っています。

 

でも実は、大手アパレル会社である(株)レナウンで統括部お客様センター長を務めるお偉いさんだそうですl

スーツ姿も似合いそうですよね!笑

 

本当にハムカツ愛がハンパない人みたいで、ハムカツ太郎さんのブログはハムカツの写真とハムカツについてしか載っていません。笑

ただ、ブログをみていると、どうやらチューハイ飲みながらハムカツ食べるのが大好きみたいですね!

ハムカツ太郎さんは結婚していて、高校3年生になる娘さんがいるそうですね。一緒の画像ですが、娘さんかわいらしいですね!

 

試験にカツ、という意味で受験生の娘さんにハムカツを食べさせていたようです。

もっとも、受験じゃなくても、ハムカツを家族で食べていそうですけどね。笑

スポンサーリンク

まとめ

カンザイパン本舗さんとハムカツ太郎さんについて紹介させてもらいました。

カンザイパンもハムカツも美味しそうでしたね。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!