7月14日スタートの新日曜ドラマ、サバイバルウエディングが楽しみですね!

原作は大橋弘祐さんの小説『SURVIVAL WEDDING(サバイバルウエディング)』です。

このサバイバルウエディングの風間俊介さん演じる石橋和也が、婚約破棄したり、二股かけたり、ひどい男ですね。。。

スポンサーリンク

 

そんな男性が彼氏だったら、女性はどうすればいいか、まとめてみました。

サバイバルウエディングってどんなドラマ!?

主演は波瑠さん演じる黒木さやか。また、伊勢谷友介さんが上司のカリスマ編集長、宇佐美博人を演じます。

まずは、サバイバルウエディングのあらすじから紹介します。

黒木さやかは出版社勤務の29歳。3ヶ月後の30歳の誕生日に結婚式を挙げる予定でした。

結婚式に向けて幸せいっぱいで退職したその日、まさかの婚約者の浮気が発覚!からの婚約破棄という悲惨な状態に陥ります。

そんな仕事も結婚も失ったさやかを拾ってくれたのが同じ出版社で人気雑誌のカリスマ編集長である宇佐美博人でした。

ただ、このカリスマ編集長が毒舌&ナルシストの超がつくほどの変人だったのです。

さやかは宇佐美から再就職の条件として半年以内に結婚しないとクビにすると言われ、スパルタ婚活がスタートします。

宇佐美直伝の海外ブランドのマーケティング戦略を恋愛に応用した男性視点での恋愛テクニックで、さやかは半年以内に結婚することができるのか!?

引用:https://chimu2-life.com/survivalweddhingnetabare-1008

どんなドラマか一言で言ってしまえば、2016年4月にスタートして中谷美紀さんが主演をつとめた金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』みたいに婚活をテーマにした作品です。

 

ちなみに、『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』は水野敬也さんの著書『スパルタ婚活塾』が原案になっていますが、『SURVIVAL WEDDING(サバイバルウエディング)』の原作を読んだ方の間では、水野敬也さんに文章の印象からして似ていると話題になっています。

 

それもそのはず。

実はサバイバルウエディングの著書、大橋弘祐さんは、水野敬也さんのお弟子さんだからです。

 

サバイバルウエディングも独自の切り口で展開される恋愛のアドバイスがところどころに散りばめられていて、面白いラブコメディになりそうですね!

少しネタバレ!石橋和也はひどい、サイテー男?

物語の初めで、和也は主人公のさやかに婚約破棄を言い渡します。理由は結婚を考えられないから。

しかし、その後も度々、さやかに接触をはかり、やや強引に迫り、都合のいい女として、さやかを扱ってきます。

 

さやかにとって初めて本気で好きになった男性。

婚約破棄を言い渡されても、まだ一途に好きだ、と自覚がある。

そんな和也に求められると、結局、関係を許してしまうさやか。

 

決定的なのは、和也の二股発覚。さやかは悔し涙を流します。

その後、和也はさやかとは別の女性に捨てられて、さやかに泣いてすがって謝ります。

しかし、さやかはしっかりと今後の関係を断ることができました。

 

あらすじだけ聞くと簡単な話に感じるかもしれませんが、さやかは和也に一途ゆえに、とても心乱されて苦しめられます。

和也はさやかが自分のことを好きなこと、またはっきりと断れない性格なのをよく分かって利用してくるからです。狡猾ですね。。。

男性の私でもひどい、サイテーと思うのだから、女性からしたら、もっと強く感じることでしょう。

 

ドラマの中の話ならそれでいいのです。

けれど、実際に婚活に参加してみると分かりますが、こういう男に捕まって婚期が遅れてしまった女性っています。

さやかは和也との交際期間は4年で済みましたが(それでも十分過ぎる時間ですが)、

もっと長い期間、交際したにも関わらず別れて、やっと心の整理がついたので、初めて婚活に参加した、なんて女性います。

 

和也のような男性を女性は理解できないと思います。

そこで、和也のような男性は一体何を考えているのか、男性視点から解説して対処法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

女性の方へ 和也のような男に対する対処法!

女性が結婚の話をしても、はぐらかしてくる男性と交際している、というのは、まだ分かります。

結婚のタイミングって、考えれば考えるほど、まだ先でいいかとお互い考えてしまいます。

なので、それで両者が納得しているのであれば問題ないのかもしれません。

 

しかし、サバイバルウエディングの和也のように二股をかけられていた女性の場合は、話が違ってきます。

少なくとも、将来は結婚して子供を産んで育てたい、と思っているなら、早めに別れたほうがいいと思います。

 

なぜなら、女性にとって若い時間は男の時間の何倍も貴重だから

 

逆に男性にとって、特に若い女性と関わる機会というのは、学生時代ならともかく、社会にでると、とても貴重なものになってきます。

だから、そんな機会がない場合、大金を出してまで、キャバクラなどに男性は行くのでしょう。

 

結局、都合のいい女性をわるい男性がわざわざ手放すようなことはしません。言葉巧みに関係を続けようとしてくるでしょう。

そして、残念なことに、こんなイヤな男性ほど、女性経験が豊富で扱いが上手かったりするので、それが片手間だったりするのです。

つまり、常に他の女性にも絶えずアプローチしていたりするのです。

 

そういう男の口にする言葉は優しくても、行動をみれば優しさのカケラもありません。全部、自分の欲望のためだけです

行動だけは嘘をついたりできませんから、彼の行動だけを冷静にみて下さい。

 

彼は優しい、私を理解してくれる、そして、受け入れてくれる。

たくさん別れたくない理由が浮かぶかもしれませんが、それよりも数年後に別れることになった時に自分がどうなるか、想像してみて下さい。

サバイバルウエディングの宇佐美も同じようなことを言って、さやかを諭そうとします。

 

別れられないなら、せめて、こっそりと婚活を始めて下さい。そして、一度や二度、婚活パーティーに参加しただけで諦めないで続けて下さい。

婚活で大事なことは、たくさんの男性と出会うこと。そして、その中で自分が本当に求めている男性像を明らかにしていくこと。

 

イケメンだとか、金持ちだとか、いい職業に就いている、とか、世間一般でいいと言われているものが、本当にあなたを満たしてくれるとは限りません。

そういう意味で、婚活は自分探しに似ていると思います。やってみると楽しいですよ、婚活。笑

 

まとめ

和也のことをだいぶわるく書いてしまいましたが、演技をされる風間俊介さんは個人的に金八先生時代からのファンです。他の作品での活躍も期待して応援しています。がんばって下さい!

ただ、サバイバルウエディングでは、さやかに対して感情移入してしまったので、ついつい説教臭いことを書いてしまいました。

結婚に憧れていたのに、婚期を逃して諦めてしまう女性、減ったら嬉しいな、と思います。

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!