リーガルVで林遣都さんが演じる、青島圭太がかわいかったですね!

米倉涼子さんが演じる小鳥遊(たかなし)翔子のキャラが強くて、、、

 

林遣都さん演じる青島圭太が、なんだかすみません、みたいに弱々しく、ポチと呼ばれてしまうシーンとか印象的でした。

 

でも、正義感があって真っ直ぐなキャラクターに好感がもてましたね!

 

視聴者からも、想像以上に林遣都が中心のドラマで次回が楽しみと声があがっています!

 

そんな林遣都さんの役作りと、前髪パッツンの姿がかわいかったので、紹介していきたいと思います。

 

ちなみに、リーガルV第一話のネタバレではないですよ!

スポンサーリンク

リーガルVの林遣都(ポチ)の前髪パッツンが可愛い!役作りが天才的?

林遣都さんは、私生活では髪型にあまりこだわりがなく、休みの時は、なかなか切にもいかないくらいなのだとか。

ちなみに、以前の林遣都さんの画像。

 

わりと最近だと、ミスチルのMV『Your Song』に出演されたことでも話題になりましたね!

 

可愛いと話題の前髪パッツンは、実際の弁護士さんを参考にしたそうです。

 

役作りのために、林遣都さんは裁判所に入り浸っって、裁判を傍聴。

その時に、林遣都さんと同じくらいの年齢の弁護士さんがいて、参考にさせてもらったのだとか。

 

前髪を切って、さっぱりと爽やかなイメージになりましたね。

 

しかも、真面目で一生懸命だけれど、どこか不器用で頼りない、といったイメージまで付いて、すごいなと感じました。

 

まあ、それは前髪パッツンというより、林遣都さんの演技力に寄るところですが。笑

 

ちなみに、林遣都さんはもともと野球をやっていて、趣味も野球。

 

それに学生役も10代20代では多かったので、短髪な感じは久々って感じと語っています。笑

リーガルVの林遣都(ポチ)の内面の役作りは?

クランクインでも話題になっていた、米倉涼子さん演じる、小鳥遊翔子さんとの出会いのシーン。

 

この出会いをきっかけに、林遣都さん演じる青島圭太さんはポチと呼ばれるようになったり、いろいろな人と出会っていくことになります。

 

だからこそ、林遣都さんは、演じる青島圭太さんのことを、『人を見る目に長けている若者』と意識して演じているのだとか。

 

まあ、出会ってすぐの小鳥遊翔子さん、キャラは最初から強烈でしたが、謎だらけの怪しい人物でしたしね。

 

嘘はつかなそうだけど、すごく振り回されそう、と感じて、自分だったら、訪ねてくるように言われても、会いにいかなかったかも。

 

そこを青島圭太さんは何か他の人にないものを小鳥遊翔子さんから感じ取って、会いに行く決断をした。

 

そんな青島圭太さんの内面を意識して、林遣都さんは第二話以降も演じています。

 

これからも、リーガルVが楽しみになってきますね。

 

林遣都さん演じる、青島圭太さんの演技やら、成長してく姿などに期待していきたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

林遣都さんは、リーガルVの企画書や台本を頂いたときから、撮影が始まるまでにいろいろと考えて、青島圭太さんの役作りをしていったそうです。

 

企画書や台本には、詳しい青島圭太さんの人物像が描かれていたのだとか。

 

林遣都さんの演技の幅が広くて天才的なんて言われていますが、やっぱりかなりの努力家、研究科なんですね!

 

役作りって、才能ももちろんあるけど、想像力とかいろいろと努力で補っている部分があるんだな、むしろ強いのかも?なんて調べていて思いました。

 

だからこそ、林遣都さんは、演じるキャラクターのイメージに対して視聴者がぴったりだと感じるような演技ができるのでしょう。

 

このリーガルVで林遣都さんにさらに注目が集まるので、俳優さんとして今後も期待が高まります!

 

ここまで読んで下さった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!