もっと楽に、もっと速く、もっと確実に仕事を終らせるには、どうすればいいだろう?

 

そんなことはかり、仕事中は考えています。笑

 

そのために大事になってくるのは、予定表をしっかりと書くことではないか、とある失敗をした時に気づきました。

ボクの考える予定表は一日を通したTODOリストのようなものです。

 

それは、例えるなら、海を航海するための地図くらい大事なものだと思います。

その大事さを少しでもお伝えできると嬉しいです。

 

なお、ボクの仕事はルートセールスの営業です。他の仕事の人にも参考になる要素がありましたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

海を航海するための大事な地図と同じくらい大事な予定表とは?

仕事で大切なことは、やはりミスをしないことだと思います。

特にシャレにならないミスをしないことです。どんな仕事だってありますよね。

 

それでも、そんなミスをするわけない、と思っていても、時に自分でも信じられないようなミスをすることがある。

 

ボクは脳の疲労が、大きな判断ミスを引き起こすと思います。

 

ここで少し、想像してみて下さい。あなたが海を航海する船長だとしましょう。

 

波も風もほとんどなく穏やかであれば、まっすぐに進んでいくだけで目的地に着くでしょう。比較的、簡単にです。

 

けれど、予想もしないような大波がきたり、突然の嵐に遭遇してしまったり、とにかく思いがけないことが起きます。

そうなると、目の前の対応に必死になってしまい、自分がまっすぐに進めているのか、分からなくなってしまいます。

 

そうした時に、地図で現在地を確認しながら、軌道修正をしつつ、目的地を目指しますよね。

 

これって仕事と似ていると思いませんか?

 

 

予想しないトラブル、突然のクレームの電話、そんなことがあると目の前の対応を優先しなくてはいけまん。

 

そうした時に対応が終わると、脳が疲労してしまいます。

 

先ほどまでに自分がどんな仕事をしていて、どこまでおわっていたのか、一時的に分からなくなります。

 

この時に判断するための予定表がないと、一から全部思い出さなければいけません。

 

これがさらなる脳の疲労を招いて、一日に何度も繰り返されると、大きな判断のミスを誘発するのではないかと思うのです。

なぜ、予定表があると効率的で楽に確実に仕事をこなせるのか?

人間の脳は本来、一つのことしか考えられません。

特に男性は、いくつかのことを同時進行でやろうとすると、効率が落ちるうえに、かなり疲れます。

 

一日の仕事はたくさんの小さな仕事の集合体です。

 

これをいかに一つ一つ細分化して、突然の対応で優先順位の変更をしながらも確実にこなしていくかが肝心だと思います。

 

仕事が終わるたびに、いちいち次は何をするか、と仕事を探したり考え直したりしないといけないようだと、一つ仕事を終らせるたびに、次の仕事を考える仕事をしているようなものです。

 

この手間を省き、自分がどれくらいの仕事をこなし、どれくらいの仕事が残っているのかを頭を使わずに確認できるのが、予定表です。

 

実際にやってみると、一つの仕事にしっかりと集中できるので効率が上がります。

頭を使う手間を省けるので、楽だし、仕事の取りこぼしもなくなるので、確実になります。

 

ただ、これも当然、しっかりとした予定表があってこそ、です。

ブツー(?)、営業の仕事だと前日の夜に上司に予定表を提出して、明日のスケジュールを報告したりしますよね。

 

ボクはしっかりと予定表を書く、という大事な仕事を、一日で一番脳が疲労している夜にやるのはどうかと思います。

 

なので、上司に提出する予定表はざっくりとしたものにして、次の日の朝、一番頭の中も気持ちもスッキリしている時にしっかり予定表を書き直します

やってみると、朝の自分と夜の自分は別人じゃないか、と思うくらい脳の働きが違いますよ。

 

実際、予定表を書く段階で間違ったことに気がついたり、より効率の良い予定表を思いついたりします。

ぜひ、朝に書くことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

仕事を楽に終わらせたい、と言うと、仕事で手を抜くように捉えられることがあります。

仕事は苦労することが大事だと、マジで信じている上司もいます。笑

 

ボクは仕事をするために仕事をしているわけではありません。

仕事はあくまで、お金を稼ぐための手段であって、人生はその手段を通して、家族や自分自身を楽しませたり、幸せにするためにあるものだと思います。

なので、仕事を楽に終わらせることは自分の人生に満足するために大事なことだと思っています。

 

ぜひ、しっかりとした予定表を書いて、仕事は楽に効率よく、確実に終わらせて、大事な人たちに時間やエネルギーを費やしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!