勉強しなさい!

いったいどれだけ言われて来ただろう…

 

「〇〇高校(有名進学高校)に合格した生徒は休みの日に10時間も勉強しましたよ」
中学の先生でこんなことを言った先生もいました。

 

ボクの学校では定期テストが近くなると、勉強計画表みたいなのを書かされました。

そのせいか、ボクはある勘違いを当時はしていました。

ボクだけでなく、他の同級生も勘違いしていたと思います。

 

当時のボクが目の前にいたら、勘違いを正してあげたい。

もし、同じ勘違いをしている人がいたら考えるきっかけにしてもらえれば嬉しいです。

スポンサーリンク

勉強はテストで点数をとるためにするもの

 

勉強時間は多い方が、勉強をがんばっている。努力家。えらい。

そんな空気が学校や家庭にあったような気がします。実際、言う先生もいましたしね。

 

当時のボクは勉強時間が多ければいいと思って、勉強の大半をノートにまとめることに
こだわっていました。

勉強時間を稼ごうと思うと、楽なんすよ、これ。笑

 

でも、テストで点数をとれれば勉強時間は少ないほうがいいですよね。

 

同じ80点なら勉強時間は10時間より3時間の方がいいじゃないですか。

本当は他にやりたいこともあるでしょうし、そのために時間が欲しいじゃないですか。

少ない勉強時間でテストでしっかり点数をとることにこだわってみましょうよ!

大事なのは解答欄に正解を書くこと

 

テストで点数をとるにはどうすればいいですか!?

テストの解答欄に正解を書くことです。

当たり前ですよね。笑

 

ただ、ここで一つ当時のボクは勘違いをしていました。

 

解答欄に書くことをしっかりと理解していないといけない。

説明できるくらいになっていないといけない。

本当はそんなことありません。笑

 

解答欄に書くことを理解していなくてもいいんです。

正解を書ければ点数がとれるし、書けなければ点数はとれない。それだけです。

 

勉強をあんまりしていないはずなのにテストの点数がいい人、たまにいますよね。

当時は不思議に思っていましたが、このことを分かっていた人なのかもしれません。

 

まずはただの丸暗記でいいから正解を書けるようになっちゃいましょう!

 

ボクの学生時代もそうでしたが、みんな平日の勉強時間すごいですよね。

昼間は学校だけで4時間くらいは勉強。その後、夜に塾に行く人も少なくないですから。

 

だから、授業を受けるだけで理解するための時間は十分なんじゃないですか。

一人で勉強するときは、テストの点数をとるために問題集に正解を記入する練習をする。

答え合わせをしたら、正解を書けなかった問題だけを時間を置いてもう一度解く

 

時間がもったいないので、正解を書けた問題は二回目以降は解かない。

 

学校の定期テストなら、学校で使っている問題集から出題することもあるから、

これだけを徹底して繰り返せば、平均点くらいは簡単にとれるようになるでしょう。

スポンサーリンク

無意識に問題集を解くことを避けていませんか?

 

問題集をひたすら解く。正解を書けるようになるまで繰り返す。

 

実はこれが一番、脳みそが疲れます。ぶっちゃけ、しんどいです。笑

学校や塾で授業を受けているときよりも、教科書や参考書をノートにきれいにまとめるよりも。

 

なので、まだ早いからとか言い訳をして、問題集を解くことを避けてしまうかもしれません。

でも、問題集を解くことがテストで高得点をとるための一番簡単な勉強方法だとボクは思いますよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
良かったら、シェアをお願いします!!